全3959文字

第4位:moto g7 plus

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは2019年6月7日に「moto g7」ファミリーとして、スペックが異なる3モデルをリリースした。その最上位モデルが「moto g7 plus」だ。しかし、最上位といっても4万1904円(税込み)と、5万円未満の価格で売られている。

左からmoto g7 power(2万7864円)、moto g7(3万3264円)、moto g7 plus(4万1904円)
左からmoto g7 power(2万7864円)、moto g7(3万3264円)、moto g7 plus(4万1904円)
[画像のクリックで拡大表示]

 moto g7 plusは6.24インチで2270×1080ドットの液晶ディスプレーを搭載。インカメラをノッチ(切り欠き)部分に搭載する、昨今主流のデザインを採用している。CPUはSnapdragon 636(1.8GHz、8コア)で、メインメモリー(RAM)は4Gバイト。多くの人が不満なく使える仕様だ。

 アウトカメラは1600万画素+500万画素のデュアルカメラ。メインで用いる1600万画素カメラはF値1.7の明るいレンズを採用し、光学式手ぶれ補正機能を備えている。夜景もきれいに撮影できる。また、デジタルズームによって粗くなる画質を補正する「ハイレゾズーム」という機能があり、4倍までは劣化がほとんど気にならない画質で撮れることも利点だ。

moto g7 plusで撮影した夜景
moto g7 plusで撮影した夜景
[画像のクリックで拡大表示]

 モトローラ製のスマホは、米グーグル(Google)純正のユーザーインターフェースを採用している。Androidを使ったことがある人であれば、画面レイアウトやメニュー構成がシンプルで使いやすく感じるはずだ。加えて、端末を2回振るとライトを点灯し、2回ひねるように動かすとカメラを起動するなど、独自のジェスチャー操作を備えていることも利点だ。