660gのミニノート「OneMix3」を自腹レビュー、それは完璧な「Type P」だった

負荷が高い状況では、背面の排気口から生暖かい風が流れてくる
負荷が高い状況では、背面の排気口から生暖かい風が流れてくる

カーソルキー(←/→)でも操作できます