全1659文字

「幅0.3mm程度のひび割れならば、十分に捉えることができた。スクリーニング(点検箇所の絞り込み)に問題なく使える」。ドローンや遠隔操作カメラといったロボット技術のインフラ点検への活用について、岐阜大学の六郷恵哲特任教授はこう評価する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い