全2848文字
PR

 正解は(4)ダイナミックルーティングです。

 ルーティングテーブルの内容を登録する方法には、手作業でルーターに設定する「スタティックルーティング」と、ルーター同士が経路に関する情報をやり取りし、自動的に作る「ダイナミックルーティング」の2種類があります。

 複数のルーターで構築したネットワークは、ダイナミックルーティングで運用します。その際のルーター同士の情報交換には、「ルーティングプロトコル」と呼ばれるプロトコルが使われています。現在主に利用されているルーティングプロトコルには「RIP」「OSPF」「BGP」があります。

ルーティングテーブルへの登録方法は、手動で登録する「スタティックルーティング」と、ルーティングプロトコルを使って自動的に登録する「ダイナミックルーティング」がある。主に使われているルーティングプロトコルには、「RIP」「OSPF」「BGP」がある
ルーティングテーブルへの登録方法は、手動で登録する「スタティックルーティング」と、ルーティングプロトコルを使って自動的に登録する「ダイナミックルーティング」がある。主に使われているルーティングプロトコルには、「RIP」「OSPF」「BGP」がある
[画像のクリックで拡大表示]

 ルーティングの仕組みについては、以下の講座で詳しく解説しています。

 次からは、TCPについて出題します。

【問題4】TCPコネクション確立の手順とは?

 TCPは、データをきちんと送り届ける縁の下の力持ちのような存在です。IPネットワークを介してアプリケーション同士がきちんとデータをやり取りする必要がある場面で利用されています。

 TCPのコネクションは、何回かのTCPパケットのやり取りを通じて確立されます。その回数とは、次のうちどれでしょう。

  • (1)2回
  • (2)3回
  • (3)4回
  • (4)5回