全3964文字
PR

 米国政府を動かすのは、ハイテク産業における中国の台頭に対する危機感と、それに関する米国の世論である。中でも、中国による知財・標準の覇権掌握、およびビッグデータの統制に対する危機感は強い。米国政府は不公正慣行を非難するが、中国は真っ向から反論している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料