全1228文字
PR

 東急リバブルは2020年12月18日、関連会社が保有する都内の賃貸マンション「リバーレ浅草ウエスト」に検温機能付き顔認証システムを導入した。マスクを付けたまま検温し、エントランスの解錠ができる。操作盤に触れずに解錠できるので、感染症対策にも役立つという。賃貸住宅市場での競争力アップを狙う。

賃貸マンションのエントランスに設置したライナフの「検温機能付きAI顔認証エントランスシステム」。ライナフは、自社で開発した顔認証の技術に、他社のサーモカメラの技術を組み合わせて一体化した(写真:日経クロステック)
賃貸マンションのエントランスに設置したライナフの「検温機能付きAI顔認証エントランスシステム」。ライナフは、自社で開発した顔認証の技術に、他社のサーモカメラの技術を組み合わせて一体化した(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 導入したシステムは、スマートロックの開発などを手掛けるライナフ(東京・千代田)が提供する「検温機能付きAI(人工知能)顔認証エントランスシステム」だ。ライナフは、自社で開発した顔認証の技術に、他社のサーモカメラの技術を組み合わせて一体化した。検温の誤差はプラスマイナス0.2度に抑えている。

 壁に取り付けたデバイスに顔を近づけると、検温と認証が行われる。正常範囲なら緑の表示と「正常です」の音声を発し、発熱があれば赤の表示と「異常な体温です」の音声で注意を促す。入居者が発熱していたとしても、エントランスが開かないわけではない。検温して発熱を知らせるのが目的だ。未登録の来訪者については、自室から応対した入居者がシステムでの検温を促す。発熱を確認したら、直接会わずに用件を済ませることもできる。

 顔認証は、あらかじめ登録しておいた顔写真で特徴を把握しており、その特徴とデバイスの画像を照合して認証する。マスクやサングラスを着用したままでも個人を特定できる。