全2360文字
PR

 竹中工務店は建築の設計・施工プロセスで、米マイクロソフト(Microsoft)のMR(複合現実)用ヘッドマウントディスプレー「HoloLens(ホロレンズ)」を利用できないか試行を続けている。MRはMixed Realityの略で、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などを組み合わせたものだ。

 同社は建設に関わる人たち同士で、建物の形や空間の情報を共有する手段の1つとして、HoloLensに注目している。

 販売開始の直後に注文した最新機種の「HoloLens 2」が2019年末に竹中工務店に2台届き、私も試させてもらった話は既に紹介した。

竹中工務店でHoloLens 2を試す私(写真:日経アーキテクチュア)
竹中工務店でHoloLens 2を試す私(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 竹中工務店は19年後半から、前製品のHoloLensをまずは建築の設計段階で使えないか検証してきた。設計の最終フェーズになると関係者が集まって、建物の形状や空間を改めて共有し合う場面が来る。そうした確認作業にMRを活用できないかと考えた。

 HoloLensを用いて、空間上に建物の立体画像をまるで模型のように表示させる。それを複数の人で同時に見るのだ。

 東京本店設計部設計第2部門設計4(アドバンストデザイン)グループの花岡郁哉グループ長は「建築では、1000分の1、100分の1、10分の1、1分の1(原寸)といったスケールごとに、確認できる内容が違ってくる。特に我々アドバンストデザイングループは設計にデジタル技術を多用しているが、デジタル設計では見落としがちな『スケール感』の確認は非常に重要だ。パソコンの画面で検討するだけではなく、実際の空間にモデルを立ち上げて、様々なスケールで建物を見ながら会話をするプロセスは欠かせない」と明かす。その点、MRは建物のスケールを自在に変えられるというメリットがある。

HoloLens 2を試す竹中工務店の花岡郁哉氏(写真:日経アーキテクチュア)
HoloLens 2を試す竹中工務店の花岡郁哉氏(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 前製品のHoloLensを使って、設計の確認作業をしているときの様子が、下の写真だ。これは花岡氏が設計した建物の10分の1スケールの立体画像を空間上に表示したものである。

花岡氏が設計した建物を10分の1スケールで空間上に表示したときの様子。HoloLensをかぶっている人には、このように建物が見える(写真:竹中工務店)
花岡氏が設計した建物を10分の1スケールで空間上に表示したときの様子。HoloLensをかぶっている人には、このように建物が見える(写真:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]
HoloLens越しに別の角度から10分の1スケールの建物を見た様子(写真:竹中工務店)
HoloLens越しに別の角度から10分の1スケールの建物を見た様子(写真:竹中工務店)
[画像のクリックで拡大表示]