全2885文字

 体験記事を書いた直後に、そのとき使った機材が大きな注目を集めることになるとは思ってもみなかった──。

 今回のデジタル活用(デジカツ)は、建物や展示会などの空間全体を丸ごと撮影し、3D(3次元)で記録・保存できる赤外線スキャンカメラ「マーターポート(Matterport)」の話である。

3D赤外線スキャンカメラ「マーターポート」を使った撮影を体験している私(写真:日経クロステック)
3D赤外線スキャンカメラ「マーターポート」を使った撮影を体験している私(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年4月10日にマーターポートの体験記をこのコラムに掲載した。その後、思わぬ展開が待っていた。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外出自粛が5月末まで約2カ月続いた。6月に入って経済活動や学校などは再開し始めたが、まだまだ予断を許さない状況であることに変わりはない。

 そんな中、自宅からオンラインで体験できるサービスやイベントが数多く立ち上がった。その1つが、20年5月13日にオープンした、建築空間の疑似体験サービス「ARCHI HATCH(アーキハッチ)」である。

 オープンに合わせてサイトで公開されたのが、建築家の前川國男の自邸である「新・前川國男邸」の「360度&シークエンス(連続)」の3Dモデルだ(https://archihatch.com/archibank/924)。

建築家の前川國男の自邸である「新・前川國男邸」をマーターポートで撮影した3D空間画像(画像:ARCHI HATCH)
建築家の前川國男の自邸である「新・前川國男邸」をマーターポートで撮影した3D空間画像(画像:ARCHI HATCH)
[画像のクリックで拡大表示]

 都内にある新・前川國男邸で実際に撮影し、生成した3D空間を画面内で自由に移動できる。「3Dウオークスルー」と呼ばれるものだ。360度部屋を見回せるだけでなく、素材や装飾品などまで細かく確認できる。4K画質の画像は非常に鮮明だ。

空間構成から装飾品まで詳細に確認できる(画像:ARCHI HATCH)
空間構成から装飾品まで詳細に確認できる(画像:ARCHI HATCH)
[画像のクリックで拡大表示]

 新・前川國男邸の撮影に使われた機材が、マーターポートである。マーターポートには機器の前面にカメラが6つ、赤外線センサーが3つ付いている。本体は高さが約230mm、幅が約260mm、奥行きが約110mmの黒い箱のような装置だ。価格は1台約50万円。

マーターポートにはカメラが6つ、赤外線センサーが3つ付いている(写真:日経クロステック)
マーターポートにはカメラが6つ、赤外線センサーが3つ付いている(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 三脚に載せたマーターポートは、ぐるっと1回転して空間を360度撮影する。同時に赤外線センサーで、カメラの周りにある物との距離を測定している。

 単に360度の写真が撮れるだけではなく、赤外線センサーで空間内のあらゆる物の寸法を記録しているのだ。だから正確な縮尺の3D空間を、コンピューター上に再現できる。

「新・前川國男邸」の内部を、廊下も含めて全部屋、マーターポートで撮影。全ての写真をつなぎ合わせて、階層を立体表示する(画像:ARCHI HATCH)
「新・前川國男邸」の内部を、廊下も含めて全部屋、マーターポートで撮影。全ての写真をつなぎ合わせて、階層を立体表示する(画像:ARCHI HATCH)
[画像のクリックで拡大表示]
立体画像はどんな角度からでも見られる。人形遊びで使うおもちゃの部屋のように、家や部屋を横や斜めからのぞき込んだような「ドールハウス」ビューと呼ばれる立体画像の表現は、3D赤外線スキャンカメラならでは。現実世界ではできない、アリの巣のような壁越しの俯瞰(ふかん)画像が見られる(画像:ARCHI HATCH)
立体画像はどんな角度からでも見られる。人形遊びで使うおもちゃの部屋のように、家や部屋を横や斜めからのぞき込んだような「ドールハウス」ビューと呼ばれる立体画像の表現は、3D赤外線スキャンカメラならでは。現実世界ではできない、アリの巣のような壁越しの俯瞰(ふかん)画像が見られる(画像:ARCHI HATCH)
[画像のクリックで拡大表示]