全2436文字

 竹中工務店が建築分野での点群の活用領域を探るため、様々な検証を続けている。建設現場に3D(3次元)レーザースキャナーを持ち込んで、工事の進捗管理に使った事例を前回紹介した。

 今回は別の試行を2つ取り上げる。1つは工場で製作する建材の完成検査に点群を用いた例、もう1つは樹木の点群を使って環境シミュレーションに挑戦した例である。

 どちらも点群の活用場面としては珍しいものだ。しかし数年後には「常識」になっているかもしれない。そんな可能性を秘めたデジタル活用(デジカツ)である。

 ここでは建材として、鉄骨を対象にした。製品検査に点群を使うことを考えたのは、竹中工務店技術研究所先端技術部デジタル生産グループ研究主任の染谷俊介氏である。

点群を鉄骨の製品検査に用いることを提案した、技術研究所の染谷俊介氏(左)。人手による計測をデジタルに替える典型例だ(写真:日経クロステック)
点群を鉄骨の製品検査に用いることを提案した、技術研究所の染谷俊介氏(左)。人手による計測をデジタルに替える典型例だ(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 染谷氏は、点群の最大の特徴は「寸法が正確であること」と説く。点群とBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)で作製した鉄骨の3D設計モデルの差を比較。鉄骨が正確な寸法で製作されているかという精度を、工場から出荷する前に確かめる。新たな建築プロセスの提示だ。

 工場で出来上がった鉄骨フレームから、3Dレーザースキャナーで点群を収集する。その点群とBIMの設計モデル(鉄骨BIMモデル)を重ね合わせて差分を抽出。製品検査を効率化する。通常は、工場の担当者がスケールを使って、手で鉄骨の寸法を計測している。

 アナログからデジタルに業務プロセスの転換を図る「建築DX(デジタルトランスフォーメーション)」を象徴する事案だ。