全2731文字
PR

ロールスクリーンを広げたときの屋根の見え方も検証

 青空を満喫できるガラス屋根だが、いいことばかりではない。夏場は直射日光が降り注ぎ、三角広場は空調を全開にしないと、暑くて快適に過ごせない。電気代は相当な負担になる。

 それを避けるため、ガラス屋根に当たる自然光が広場まで届くのを調節するためのロールスクリーンを内側に用意した。立川ブラインド工業のロールスクリーンで、ロールスクリーンの総面積としては日本最大級だという。

 では、ロールスクリーンを使っていないときと、日差しが強まってきて広げたときでは、広場からの天井の見え方はどうなるのか。これもVRで検証した。

ロールスクリーンを使っていない、通常時の屋根のVR画像(資料:日建設計)
ロールスクリーンを使っていない、通常時の屋根のVR画像(資料:日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]
日差しが強く、ロールスクリーンを広げたときの屋根のVR画像。白色を選ぶと圧迫感が少なく、奥が透けて見えた(資料:日建設計)
日差しが強く、ロールスクリーンを広げたときの屋根のVR画像。白色を選ぶと圧迫感が少なく、奥が透けて見えた(資料:日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]

 白いロールスクリーンは、奥がうっすらと透けて見える。そのせいもあって、真夏にロールスクリーンを全て閉めても、圧迫感が少ないことを確かめた。何より、広場を涼しく保ちやすくなる。

 しかし、まだ課題がある。ロールスクリーンで光を遮ると広場は日陰になって快適になるが、ガラス屋根とロールスクリーンの間にできる狭い空間の温度が異常に高くなってしまう。「熱だまり」ができることが判明した。しかもその暑さは、ガラスが割れてしまう恐れがあるほど高温に達する可能性が出てきた。

 では、どうするか。次回は、三角広場の温度コントロールに伴う日射と空調温熱のシミュレーションを紹介したい。