全3602文字
PR

 建築と陶芸の世界を自在に行き来する異才を紹介したい。しかもデジタル活用(デジカツ)の文脈で。キーワードは「設計」だ。

 奈良祐希氏、33歳。陶芸では既に、作品がなかなか手に入らないほど人気がある実力者だ。私が彼に初めて会ったのは2019年で、陶芸家として名前と作品が知られ始めた頃だ。

建築設計事務所EARTHENの代表取締役である奈良祐希氏。人気の陶芸家でもある。奈良氏は金沢市の出身で、現在は金沢と東京を拠点に、建築と陶芸の2つの仕事に取り組む(写真:日経クロステック)
建築設計事務所EARTHENの代表取締役である奈良祐希氏。人気の陶芸家でもある。奈良氏は金沢市の出身で、現在は金沢と東京を拠点に、建築と陶芸の2つの仕事に取り組む(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 「私は陶芸作品をCADで設計しているんですよ」。奈良氏との最初の会話を、私は鮮明に覚えている。「CADで陶芸の設計?」。彼が建築を学んでいることを知らなかったので、非常に驚いた。そして強く印象に残った。

私が初めて奈良氏に会った2019年の展示会風景(写真:日経クロステック)
私が初めて奈良氏に会った2019年の展示会風景(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 あれ以来、いつか自分の記事で奈良氏を紹介したいと考えていた。もちろん、建築の話題で。22年秋、ようやく絶好のタイミングが回ってきた。

 初対面から約3年が経過し、その間に奈良氏の人気や知名度はますます高くなった。数々のメディアに取り上げられただけでなく、22年には彼の地元である金沢のシンボル、金沢21世紀美術館での展覧会「コレクション展1 うつわ」の中で、9月11日まで奈良氏の作品群も「凍れる花々」として展示された。奈良氏の2つの作品「Bone Flower_Jomon」「Bone Flower_Yayoi」は、21年度に同美術館に収蔵されている。立体作品の収蔵作家としては、最年少に当たる。

金沢21世紀美術館で2022年10月16日まで開かれている展覧会「コレクション展1 うつわ」の中で、9月11日まで奈良氏の作品群「凍れる花々」も展示された。奈良氏の2つの作品は、同美術館の収蔵品になっている(写真:奈良祐希「凍れる花々」2022年、「コレクション展1 うつわ」2022年、金沢21世紀美術館 展示風景、撮影:木奥 惠三)
金沢21世紀美術館で2022年10月16日まで開かれている展覧会「コレクション展1 うつわ」の中で、9月11日まで奈良氏の作品群「凍れる花々」も展示された。奈良氏の2つの作品は、同美術館の収蔵品になっている(写真:奈良祐希「凍れる花々」2022年、「コレクション展1 うつわ」2022年、金沢21世紀美術館 展示風景、撮影:木奥 惠三)
[画像のクリックで拡大表示]

 30代前半にして、陶芸で大きな結果を出した奈良氏。ちょうど同じタイミングで、今度は建築のプロジェクトが佳境を迎えていた。これまで小さな建築物の設計を手掛けたことはあったが、今回は中規模オフィスの設計である。23年1月の竣工を予定している。

建物は地上2階建てだが、想像していたより大きく見えた。実際、敷地面積は456.59m<sup>2</sup>と広い(写真:EARTHEN)
建物は地上2階建てだが、想像していたより大きく見えた。実際、敷地面積は456.59m2と広い(写真:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]

 木造2階建てで、延べ面積は473.52m2。金沢の住宅メーカーである家元(いえもと)の新社屋「Node(ノード)」の設計を、奈良氏は19年から手掛けている。自らの建築設計事務所であるEARTHEN(金沢市)も、21年に立ち上げたところだ。なお、施工は家元自身が手掛けている。

 私は奈良氏を陶芸家としてではなく、建築の設計者として紹介したかった。本人にもそう伝えていた。それには建築を見られる日まで待たねばならない。

 ついに建物の木構造が姿を現したというので、木の柱や梁(はり)、床などが仕上げで隠れて見えなくなる前に、メディアとしては初めて施工現場に連れて行ってもらうことにした。この日を待っていた。

奈良氏が設計した木造オフィスの建設現場。私が訪問した日は外側がブルーシートで覆われていたが、建物の形がよく分かる状態まで施工は進んでいた。敷地を斜めに貫通する通り道の部分がぽっかり空いている(写真:日経クロステック)
奈良氏が設計した木造オフィスの建設現場。私が訪問した日は外側がブルーシートで覆われていたが、建物の形がよく分かる状態まで施工は進んでいた。敷地を斜めに貫通する通り道の部分がぽっかり空いている(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 奈良氏は今後、建築でも活躍が大いに期待される。恩師である建築家の北川原温氏をして、「破格の新人」と言わしめただけの素質や行動力が奈良氏にはあるようだ。そんな彼の最初の大型建築プロジェクトを22年9月にようやく見ることができた。今はやりの木造で、しかもチャレンジングな構造に挑んでいる。

建築的な見どころの1つは、キャンチレバー(片持ち梁)で約5m跳ね出した2階のオフィス空間とバルコニー(資料:EARTHEN)
建築的な見どころの1つは、キャンチレバー(片持ち梁)で約5m跳ね出した2階のオフィス空間とバルコニー(資料:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]
キャンチレバーで外に跳ね出した建物2階のオフィス空間(写真:EARTHEN)
キャンチレバーで外に跳ね出した建物2階のオフィス空間(写真:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]

 デジカツのコラムで取り上げることにしたのは、奈良氏がデジタルの使い手でもあるからだ。驚くことに、建築と陶芸の両方の設計に3次元(3D)CADやコンピュテーショナルデザインのソフトを使っている。建築も陶芸も3Dで幾何学形状のシミュレーションを繰り返す。それにはプログラミングの知識も必要だ。勘と経験がものをいう陶芸のようなアナログな世界で、奈良氏は間違いなくデジタル時代の変革者である。

陶芸の世界に建築の3次元CADやコンピュテーショナルデザインを持ち込んだ。「部品」をデザインし、組み立てて接合する。プレカットした建材を現場で組み上げて建物をつくるのに似ている(写真:EARTHEN)
陶芸の世界に建築の3次元CADやコンピュテーショナルデザインを持ち込んだ。「部品」をデザインし、組み立てて接合する。プレカットした建材を現場で組み上げて建物をつくるのに似ている(写真:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]
奈良氏の陶芸の代表作「Bone Flower」。縄文土器に着想を得つつ、鋭い「部品」の集合体として花のような器を形づくる。従来の陶芸とは全く異なる制作手法と、その独特な形状が人気を呼んでいる(写真:EARTHEN)
奈良氏の陶芸の代表作「Bone Flower」。縄文土器に着想を得つつ、鋭い「部品」の集合体として花のような器を形づくる。従来の陶芸とは全く異なる制作手法と、その独特な形状が人気を呼んでいる(写真:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]

 それにしても、奈良氏はどのようにして建築と陶芸を学んだのか。建築の道を志したのは、金沢21世紀美術館の存在と父親からの勧めがあったからだ。

 奈良氏は高校時代、当時建設中だった金沢21世紀美術館の前を通って学校に通っていた。そこで初めて建築を意識するようになり、建築について父に相談したのが全ての始まりである。

 実は奈良氏は、金沢で350年以上の歴史を持つ「大樋焼(おおひやき)」の家系に生まれた。父は11代大樋長左衛門、祖父は10代大樋長左衛門(現・大樋陶冶斎)である。デザインの領域でも国際的に活躍する父は長男の奈良氏に「大学で建築を学んで来なさい」と、東京芸術大学美術学部建築科に送り出した。奈良氏は高校時代まで、陶芸には全く興味がなかったという。

 一方、建築との出合いは刺激的で、学部生でありながらインターンとして、隈研吾建築都市設計事務所(東京・港)で働く機会を得た。幾つかの建築プロジェクトやコンペを経験できた。インターン終了後、実家の「大樋ギャラリー」の改修設計を隈事務所が手掛けることになった際にもプロジェクトに参加した。

 続けて、東京芸大大学院美術研究科建築専攻に進むも、修士1年が終わったところで休学。いよいよ陶芸の世界に足を踏み入れるため、岐阜県にある多治見市陶磁器意匠研究所に2年間通った。

 奈良氏は多治見時代に、コンピュテーショナルデザインの手法を習得したというから面白い。建築出身でなければ、この発想は出てこなかったに違いない。代表作になるBone Flowerは、このとき生まれた。3DCADやコンピュテーショナルデザインを駆使した建築的な陶芸である。

 大学院に復帰し、当時教授だった北川原氏らの指導の下、都市デザインの研究が高く評価されて首席で大学院を修了。そのまま北川原温建築都市研究所(東京・渋谷)で約2年間、建築の修行を積んだ。北川原事務所に在籍中は、長野市にある「北野建設長野本社」の新築プロジェクトを担当した。

 こう書くと、生まれ持った才能と、絵に描いたようなエリート街道を歩んできた人物に思える。だが苦労して東京芸大に入り、ゼロから建築を学んだ。そして伝統ある家業の陶芸を自ら破壊するかのように、3DCADやコンピュテーショナルデザインで設計するという全く新しい陶芸スタイルを創造したのだ。間違いなく、努力の人である。

 大樋焼の跡継ぎを期待される立場でありながら、陶芸の世界に新風を吹き込み、なおかつ建築の仕事も続けていく。その大きな一歩が、今回の木造オフィスなのだ。

 さて、肝心の建物だが、設計した新社屋は地元の問屋街の入り口という立地にできることから、「街の通り道」をつくる発想が奈良氏の根底にあった。まずはそこを理解する必要がある。

計画地は四方を県道などの幹線道路に囲まれた、離れ小島のような場所だ。住所はその名も「問屋町」で、計画地の北東側には製造業や流通業などの工場や倉庫、オフィスなどが集積する商業地域(問屋街)が広がる。そこに新たな人の流れをつくる(資料:EARTHEN)
計画地は四方を県道などの幹線道路に囲まれた、離れ小島のような場所だ。住所はその名も「問屋町」で、計画地の北東側には製造業や流通業などの工場や倉庫、オフィスなどが集積する商業地域(問屋街)が広がる。そこに新たな人の流れをつくる(資料:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]
1階平面図。台形に近い敷地を北東から南西に抜ける通り道(緑のミチ)と、北から南に抜ける通り道(街のミチ)が貫通する(資料:EARTHEN)
1階平面図。台形に近い敷地を北東から南西に抜ける通り道(緑のミチ)と、北から南に抜ける通り道(街のミチ)が貫通する(資料:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]

 敷地を北東から南西に貫く通り道(緑のミチ)を設け、建物は2つに分棟する構成にした。通り道をつくることで、延べ面積を500m2以下に抑える狙いもあった。

 南北方向にも短い通り道(街のミチ)をつくり、2本がクロスする。露地のような通り道は幅が2~3mあり、緑をふんだんに配置する。通り道に面した側は壁を最小限に抑えて大部分をガラス張りにし、室内から緑を眺められるようにする。

 緑のミチの2階レベルには、分棟を結ぶ3つのブリッジ(渡り廊下)を架ける。3つのブリッジのプロポーションや配置、ブリッジに挟まれた植栽エリアの幾何学的な空間検証に、コンピュテーショナルデザインが役立ったという。

 「2つの通り道に対して、内向きに開く」。奈良氏はこの建物のコンセプトをそう説明する。家元の新社屋ではあるが、1階は土間空間にして、街の人たちが利用できるカフェやギャラリー、シェアオフィスなどにする計画だ。テナントに部屋を貸し出す。

 コロナ禍で社員が本社に通う頻度は減った。そこで自社オフィスは2階にまとめ、1階はテナント貸しにして安定した収益を上げられるビジネスモデルを、奈良氏はクライアントと一緒に考えた。

 「最初に新社屋の話を聞いたときは、成長のシンボルになるような近隣で一番高いビルを建ててほしいという依頼だった。だが設計の途中でコロナ禍に突入。クライアントも私もオフィスに対する考え方がガラッと変わり、設計をやり直した」(奈良氏)。それが現在の姿である。

 以下に、豊富な写真と資料で新社屋の施工現場を示す。

新社屋「Node」の完成イメージ。建物の間に、クロスする2本の通り道を設ける。Nodeは結節点の意味で、人や仕事、街の交流を促す狙いがある(資料:EARTHEN)
新社屋「Node」の完成イメージ。建物の間に、クロスする2本の通り道を設ける。Nodeは結節点の意味で、人や仕事、街の交流を促す狙いがある(資料:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]
敷地を斜めに横切る通り道(緑のミチ)は、茶室に向かう露地をイメージしている(資料:EARTHEN)
敷地を斜めに横切る通り道(緑のミチ)は、茶室に向かう露地をイメージしている(資料:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]
建物内の通り道に面して、ガラス張りの部屋を配置する。1階はカフェやギャラリー、シェアオフィスなどの運営会社に貸し出す予定(資料:EARTHEN)
建物内の通り道に面して、ガラス張りの部屋を配置する。1階はカフェやギャラリー、シェアオフィスなどの運営会社に貸し出す予定(資料:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]
北東側から施工中の通り道(緑のミチ)を歩く。両側の建物は高さが約8.5mある。通り道に面する壁の大部分はガラス張りで、室内から緑を眺められる。通り道に屋根はなく空が見える(写真:日経クロステック)
北東側から施工中の通り道(緑のミチ)を歩く。両側の建物は高さが約8.5mある。通り道に面する壁の大部分はガラス張りで、室内から緑を眺められる。通り道に屋根はなく空が見える(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
北から南に抜ける短い通り道(街のミチ)(写真:EARTHEN)
北から南に抜ける短い通り道(街のミチ)(写真:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]
2つに分けた建物を、2階レベルに設ける3つのブリッジ(渡り廊下)でつなぐ(資料:EARTHEN)
2つに分けた建物を、2階レベルに設ける3つのブリッジ(渡り廊下)でつなぐ(資料:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]
南西側のブリッジから通り道(緑のミチ)の北東側を見る。左に見える黒い柱のようなものは、フルハイトのガラスサッシフレーム。富山県に主力工場を構えるYKK APの製品を採用。奈良氏は北陸にある企業との協業を意識している(写真:日経クロステック)
南西側のブリッジから通り道(緑のミチ)の北東側を見る。左に見える黒い柱のようなものは、フルハイトのガラスサッシフレーム。富山県に主力工場を構えるYKK APの製品を採用。奈良氏は北陸にある企業との協業を意識している(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
北東側のブリッジから南西側のブリッジを見る(写真:日経クロステック)
北東側のブリッジから南西側のブリッジを見る(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
敷地を貫く通り道(緑のミチ)には緑を多く配置する。枝葉が横に伸びず、空に向かって縦方向に成長する樹木を視察したときの様子。外構設計者は「プラントハンター」の異名を取る、そら植物園代表取締役の西畠清順氏(右)だ(写真:EARTHEN)
敷地を貫く通り道(緑のミチ)には緑を多く配置する。枝葉が横に伸びず、空に向かって縦方向に成長する樹木を視察したときの様子。外構設計者は「プラントハンター」の異名を取る、そら植物園代表取締役の西畠清順氏(右)だ(写真:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]
北側の建物の2階からブリッジ越しに、南側の建物の2階を見る。北側2階はセミナーなどを開くパブリックオフィスで、南側2階が家元の本社オフィスになる(写真:日経クロステック)
北側の建物の2階からブリッジ越しに、南側の建物の2階を見る。北側2階はセミナーなどを開くパブリックオフィスで、南側2階が家元の本社オフィスになる(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
北側2階中央部はセミナーなどを開くパブリックオフィスにする。通り道(緑のミチ)の上から光が差し込む(写真:日経クロステック)
北側2階中央部はセミナーなどを開くパブリックオフィスにする。通り道(緑のミチ)の上から光が差し込む(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
外壁回りに耐力壁を集めた(写真:EARTHEN)
外壁回りに耐力壁を集めた(写真:EARTHEN)
[画像のクリックで拡大表示]