全1959文字
PR

 マネジャー向けのワークショップを運営すると、最近よく出てくるのが「50代の部下を理解できない」という言葉です。20代の新入社員についての悩みは以前から毎年話題になっていますが、50代についての相談事は本当にここ最近とみに聞かれるようになりました。

 中には「50代は20代以上に難しい」という声もあります。30~40代のマネジャーにとってみれば、自分より在職年数が長いのに働かない、気が利かないといった憤りがあるようです。

 ここで確認したいことがあります。自分より経験豊富な年上ベテラン部下の「何を」、マネジャーは知っているのでしょうか。

部下の経歴を確認しているマネジャーは少ない

 こうした人に、「あなたは年上部下の入社してからの経歴を確認したことがありますか」と尋ねると、多くのマネジャーはイエスと答えません。同じ部署で働いている間の年上部下しか知らない人が多いのです。部下理解が大切だと言いながら、意外に部下のことを調べていません。

 20代で入社したとすれば、50代は30年以上の会社経験があります。その期間に体験したことは、彼ら彼女らの人格に少なからぬ影響を与えています。年上部下を理解したいなら、まずは部下が社会人になってからの歴史、つまり異動履歴を追うのがお勧めです。その部下の考え方や、やる気を覚えるポイントなどのヒントをつかめるでしょう。

 ここ数年ではなく、入社してから今までの履歴をひもときましょう。「人に歴史あり」の言葉通り、どんな部下でもさまざまな経験をしています。同じ部署でも、いつ在籍していたかで状況はずいぶん違うはずです。今はシステムで管理している企業が多いでしょうから、一度、熟読してみることをお勧めします。