全3770文字

特定のブラウザーで見られない場合はキャッシュを削除

 特定のブラウザーでWebページが表示されない場合は、ブラウザーの状態をチェックしていこう。

 まず確認したいのが「キャッシュ」だ。キャッシュは以前見たWebページの情報を保存したもので、再度同じWebページを開くときにキャッシュを表示することにより高速化を図る。しかしキャッシュが壊れてしまうと、Webページが表示されなくなってしまう。キャッシュが壊れている可能性があれば、キャッシュをいったんクリアすればよい。

Edgeでキャッシュをクリアする場合は、画面右上の「…」-「設定」-「プライバシーとセキュリティ」-「クリアするデータの選択」の順にクリック。「閲覧データの消去」が表示されるので、「キャッシュされたデータとファイル」にチェックを付けて「クリア」をクリックする
Edgeでキャッシュをクリアする場合は、画面右上の「…」-「設定」-「プライバシーとセキュリティ」-「クリアするデータの選択」の順にクリック。「閲覧データの消去」が表示されるので、「キャッシュされたデータとファイル」にチェックを付けて「クリア」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
Chromeでキャッシュをクリアする場合は、画面右上の「…」(実際は3点が縦に並んでいる)-「その他のツール」-「閲覧履歴を消去」の順に選択。「期間」でキャッシュをクリアする期間を選択し、「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを付けて「データを削除」をクリックする
Chromeでキャッシュをクリアする場合は、画面右上の「…」(実際は3点が縦に並んでいる)-「その他のツール」-「閲覧履歴を消去」の順に選択。「期間」でキャッシュをクリアする期間を選択し、「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを付けて「データを削除」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

広告ブロックなどの拡張機能を追加していたらオフにしてみる

 EdgeやChromeなどのWebブラウザーは「拡張機能」を利用できる。その中でも人気があるのは、邪魔な広告を非表示にする「広告ブロック」だ。非常に便利な拡張機能だが、WebサイトによってはWebページの構成要素もブロックしてしまい、ページが表示されなかったりレイアウトが崩れたりすることがある。広告ブロックの拡張機能を導入している場合は、いったんオフにしてページが正常に表示されるかどうかを確認してみよう。

Edgeで拡張機能をオフにする場合は、画面右上の「…」-「拡張機能」をクリック。インストールされている拡張機能が表示されるので、広告ブロックの拡張機能をオフにする
Edgeで拡張機能をオフにする場合は、画面右上の「…」-「拡張機能」をクリック。インストールされている拡張機能が表示されるので、広告ブロックの拡張機能をオフにする
[画像のクリックで拡大表示]
Chromeで拡張機能をオフにする場合は、画面右上の「…」(実際は3点が縦に並んでいる)-「その他のツール」-「拡張機能」の順に選択。インストールされている拡張機能が表示されるので、広告ブロックの拡張機能をオフにする
Chromeで拡張機能をオフにする場合は、画面右上の「…」(実際は3点が縦に並んでいる)-「その他のツール」-「拡張機能」の順に選択。インストールされている拡張機能が表示されるので、広告ブロックの拡張機能をオフにする
[画像のクリックで拡大表示]
岩渕 茂(いわぶち しげる)
ライター。IT関連の雑誌や書籍などの執筆をメインに活動する。近年は大手メーカーのウェブ媒体でもライティングを行う。ライターだけでなく、映像製作の方面でも活動中。