PR
全1193文字

 「今、どの資格を取るべきか」。IT関連資格の取得動向は、ITエンジニアに求められるスキルやノウハウの変化を映す。デジタルトランスフォーメション(DX)の台頭で、クラウドやAI(人工知能)関連資格に注目が集まる。日経 xTECH会員へのアンケート調査から、「いる資格」「いらない資格」を探った。

 「IT資格実態調査」として2019年8月、Webサイト「日経 xTECH」でアンケートを実施。編集部がピックアップした49種類のIT資格について、保有状況や役立ち度合い、取得意向を調べた。読者会員455人の回答を得た。調査結果から、IT資格取得のトレンドを読み解こう。

 今回は、IT資格の今後の取得意向について見よう。49種類のIT資格の中から、これから取りたいと思うIT資格を最大3つ選んでもらった。

取得したい資格
取得したい資格
「取得したい」という回答が20人以上だった資格を示した
[画像のクリックで拡大表示]

 最も多かったのは「AWS認定各種」で、455人の回答者のうち179人が取得したいと回答した。回答率は39.3%で、前回の28.4%から10.9ポイント増えた。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い