全3053文字

 パソコンにバンドルするセキュリティーソフトの契約を巡り、サードウェーブと米マカフィー日本法人が争った裁判。東京地方裁判所は2022年4月22日、マカフィーに損害賠償を命じた。営業が実現性の乏しい数字を示して契約を結べば、その振る舞いが信義則上の不法行為に問われるリスクがある。

この記事は有料会員限定です

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料