全4167文字
PR

 子供のころに誰もが憧れたドラえもんの「ひみつ道具」は、いつの日に、どんな形で現実になるのか。日経コンピュータの創刊1000号を記念して大胆予測する特集の最終回は、最難関とも言える3大道具を取り上げる。タケコプター、タイムマシン、どこでもドアだ。シンギュラリティー後の時代は、これらが「3種の神器」になっているかもしれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料