全1630文字
PR

「データ活用の本質、データ流通の未来」をテーマに、日本を代表するCIO(最高情報責任者)やCDO(最高デジタル責任者)、有識者など約40人が議論した。日経BPが2019年9月25日に都内で開催した「日経 xTECH ITイノベーターズ会議」で飛び出した発言を紹介しよう。

 企業がデータ活用を進める際の課題は、技術的な障壁だけではない。推進体制の構築や従来の慣習を打ち壊す取り組みも必要だ。ディスカッションでは、こうした意見が相次いだ。

データ活用の機運が高まっているが、推進体制づくりはこれから

リンナイ 営業本部 営業部 コミュニケーションデザイン室 室長 福本 啓史 氏

 ガス器具大手のリンナイでは、全社的にデータ活用の機運が高まっているという。目的は顧客体験の向上だ。「製品の利用者と継続的な接点をつくるため、新しい付加価値を提供しなければならない。そのためには、社内の部門ごとに蓄積していたお客様の情報を、全社で統合的に管理する必要がある。こうした考えが社内に広まりつつある」とリンナイの福本啓史営業本部営業部コミュニケーションデザイン室長は話す。

リンナイの福本啓史営業本部営業部コミュニケーションデザイン室長
リンナイの福本啓史営業本部営業部コミュニケーションデザイン室長
(撮影:井上 裕康、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ課題もある。推進体制の構築だ。「全社横断の取り組みになるため、どの部門が主管するのか、予算はどこが持つのかなど、決めるべき内容が多い」と福本室長は本音を話す。今後それらの項目を1つずつ解決していく。

「俺の経験では」を語るおじさんがデータ活用を阻害する

メルカリ 執行役員 CIO 長谷川 秀樹 氏

 データ分析の結果を次のアクションに結びつける。当然のことのようだが実は簡単なことではない。特に従来の慣習と異なる打ち手が求められる場合、その難易度は高まる。この点を指摘したのがメルカリの長谷川秀樹執行役員CIOだ。

メルカリの長谷川秀樹執行役員CIO
メルカリの長谷川秀樹執行役員CIO
[画像のクリックで拡大表示]

 長谷川CIOの意見はこうだ。「過去の経験を語ることが生きがいのおじさんがいる企業では、自分の感覚に合わないデータ分析の結果を若手が持ってきても受け入れない場合がある。『いや、俺の経験では違う』というように。そういうおじさんがいなくなればもっと良くなると思う」

 この意見に対して司会者が「長谷川さんも十分おじさんですよ」と言うと、「まあそうなんですけどね」と長谷川CIOは答えて会場の笑いを誘った。

 ただ、メルカリのようなネットサービス企業では、データよりも経験を重視するシニア層はほとんどおらず、「経験による判断を押しつける文化がない」と長谷川CIOは話す。ABテスト(画面などを2種類用意して利用者の評判が良かった方を採用する手法)などを日常的に進めているため、データに基づいて意思決定する機会が多いからだという。

 自分の経験とは異なる分析結果でも受け入れられるかどうか。データ活用の効果を最大限に享受するためには、リーダーの客観的な判断能力が問われる。