全2258文字
PR

2019年10月9日、ノーベル化学賞が旭化成の吉野彰氏に授与されることが発表された。電池記者の長くやっていた筆者は、ようやくこの日を迎えたことへの安堵と、原理構造が興味深いリチウム(Li)イオン2次電池の真価がついに理解を得たことに喜びを感じている。吉野氏の功績はリチウム酸化物を正極に、リチウムの入っていない炭素材料を負極に用いた電池構成を世に問うたことにあると考える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)