全4276文字

USBの通信速度を理解する

 下の表にUSB規格の通信速度をまとめた。通信速度に関しては、「USB 3.1」「USB 3.2」といった規格のバージョン表記ではなく「Gen.1」「Gen.2」といった通信速度の世代表記を判断材料とするのが確実である。USB 3.2以降はデュアルレーンでの動作が可能になったため、デュアルレーン動作は「x2」と表記されている。

USB規格と主な対応通信速度
USB規格と主な対応通信速度
[画像のクリックで拡大表示]

 規格バージョンと転送速度については、USB-IFとユーザーの感覚の違いから混乱を招くことになった。USB規格のバージョンについては、小数点以下の更新は「上書き」であり、最新のバージョンのみが有効というのが、USB-IFの公式見解である。つまり、現在ではUSB 3.2のみが有効であり、USB 3.2の仕様の中に「Gen.1」「Gen.2」「Gen.2x2」などといった形で複数の転送速度が存在する。

 ところがユーザーにしてみれば、USB 3.0で5Gビット/秒だった最大通信速度がUSB 3.1が出て10Gビット/秒になったわけだから「USB 3.0が5Gビット/秒で、USB 3.1が10Gビット/秒だ」と受け取るのが自然である。「USB 3.1でもGen.1なら5Gビット/秒」という状態は、今でこそ理解されるようになってきたが、他の規格を見てもあまり例がない。USB 3.2が策定された後もUSB 3.0やUSB 3.1表記は多数残っている。混乱を招くのは必然だった。

 そもそも通信速度の拡張という重要な変更を、規格書バージョンの小数点以下のマイナーチェンジで行ったことが失敗の原因であり、USB-IFでも今後はこうしたことがないよう配慮するとしている。

普及が進むUSB Type-Cの利点と注意点

 USBのコネクター仕様についてもおさらいしておこう。従来は、PC側端子は「Type-A」、周辺機器側は「Type-B」という別のコネクターを使っていた。これらは今も引き続き使われている。

 さらに最近は、新たに登場した「Type-C」の採用が増えている。これは小さくて上下の向きがないリバーシブルな形状で、PC側と周辺機器側ともに使えるコネクターである(通信により自動判断される)。拡張性に優れており、データ転送の他に電源供給やディスプレー出力にも使えるのが特徴だ。1つの小さなコネクターで様々な機能が使えるため、スペースに制約があるモバイルPCやタブレット、スマートフォンなどに実装する際に都合がよい。

 ただ、その拡張性ゆえType-Cに関しては混乱も起こっている。同じType-Cを搭載していても、製品ごとに対応している機能が異なるのだ。Type-Cはあくまでコネクターの仕様で、USB 3.2などのベース仕様とは独立しており、USB 2.0の場合もある。

 また、Type-Cを利用した充電機能やディスプレー出力機能などはUSBのベース仕様とは別の拡張仕様によって定義されている。そのためType-Cポートを搭載したPCがあったとしても、データ転送以外に使える機能については製品ごとに調べなければならない。

USB Type-Cポート。小さく、上下の向きがないリバーシブル仕様が特徴。モバイル機器にも実装しやすい
USB Type-Cポート。小さく、上下の向きがないリバーシブル仕様が特徴。モバイル機器にも実装しやすい
(撮影:鈴木雅暢)
[画像のクリックで拡大表示]
従来のType-Aポートも引き続き、多くのPCに搭載されている
従来のType-Aポートも引き続き、多くのPCに搭載されている
(撮影:鈴木雅暢)
[画像のクリックで拡大表示]