PR

建設コンサルタンツ協会東北支部若手の会の山本佳和氏。1986年生まれ。2008年3月に茨城大学工学部都市システム工学科を卒業し、同年4月に復建技術コンサルタント入社。交通計画部技術一課や技術センターを経て16年4月に道路保全部技術二課へ配属。17年6月から課長補佐。他方で16年7月に若手の会を創設し委員長を務める(写真:日経コンストラクション)
建設コンサルタンツ協会東北支部若手の会の山本佳和氏。1986年生まれ。2008年3月に茨城大学工学部都市システム工学科を卒業し、同年4月に復建技術コンサルタント入社。交通計画部技術一課や技術センターを経て16年4月に道路保全部技術二課へ配属。17年6月から課長補佐。他方で16年7月に若手の会を創設し委員長を務める(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 建設コンサルタンツ協会(建コン協)東北支部に「若手の会」を創設した山本佳和氏は、復建技術コンサルタントで道路設計の技術者として働きながら会の委員長を務める。

 若手の会は、東北地方に本社や支店を置く建設コンサルタント会社に勤務する20~30代の社員20人ほどで構成する。2016年7月に設立された。働き方改革や、将来を見据えた東北地方の建設コンサルタント業界の在り方などについて、メンバー同士で議論したり、他の官民の若手技術者と意見を交換したりする。

 学生を対象とした建設コンサルタント業界の説明会も開く。「きれいごとばかり言って入職してもらっても、すぐに辞められて困るだけだ」(山本氏)との考えから、長時間労働や深夜残業がまだ残る実態を率直に話し、一般的な会社説明会とは一線を画した。

 山本氏をはじめ仙台市内に勤務先があるメンバーが多いが、交通の不便さをものともせず宮城県外に積極的に出向き、東北各県の地元の若手技術者と交流している。東北全体の建設コンサルタント業界の将来について、責任を持って考える会であろうとする山本氏の意図を反映した活動だ。