PR
全3607文字

 ホンダ「NSX」用のエンジン「JNC1」(以下C1)。前編の冷却技術に続いて、今回は潤滑技術を取り上げる。C1の大きな特徴は潤滑方式にドライサンプを採用したことである。レース車両では普通に使うが、市販車では珍しい。動機は二つ。加速度の高い走りに耐えることと、エンジン重心を下げることだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い