全1689文字
PR

 ヤフーの持ち株会社であるZホールディングス(ZHD)の川辺健太郎社長は緑色、LINEの出沢剛社長は赤色。2019年11月18日夕刻、東京都内のホテルで会見に臨んだ2人は、相手方のコーポレートカラーのネクタイを締めて会見場に姿を現した。

統合発表の会見に臨むZHDの川辺社長(左)とLINEの出沢社長
統合発表の会見に臨むZHDの川辺社長(左)とLINEの出沢社長
(写真:村田 和聡)
[画像のクリックで拡大表示]

 そんな2人はかわるがわる説明するという異例のスタイルでプレゼンを展開。2社の企業理念が「ユーザーの生活をびっくりするほど便利に」「WOW」と似ていることを挙げつつ「対等の精神で経営統合していきたい。統合が果たせたあかつきには計2万人の社員で最強のワンチームとなる」(川辺社長)と2社の融合に自信を示した。

 さらに「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニーを目指す。グループシナジーを効かせて世界に羽ばたき、GAFAやBATに対抗する第三極になりたい」(同)と宣言し、インターネットサービスの企業集団として国内のみならず世界を視野に入れているとした。

 それほどに大きな統合後の青写真を描いて見せたプレゼンから打って変わって、会見の質疑応答で2人は慎重な発言に徹した。

 記者からの質問が統合後の事業やサービスに及ぶと、日米や韓国などで独禁法に基づく審査を控えているとして「全てのサービスは統合を果たした後に考える。現時点で方針はない」と具体的な言及を避けた。現状で2社が「PayPay」「LINE Pay」で直接競合しているスマートフォン決済サービスについても、統合が完了するまでは競合関係を維持するとした。