今も色あせない技術開発の「転換点」を書いた記事を振り返る。