全574文字

 テスラ モデル3には、車載コンピューターと呼ぶユニットがある。アルミ合金の筐体で、内部にはメディアコントロールユニット(MCU)と、オートパイロットECUと呼ぶ2枚の基板が入っている。MCUが人と車両の接点用、オートパイロットECUがその名の通り、自動運転や運転支援を行う車両の頭脳である。モデル3の知的な制御については、この2枚の基板でほぼ完結している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い