全2326文字
PR

インドのホテルチェーンOYOが日本でヤフーと合弁会社OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN(以下「OYO T&H」)を設立し、2019年3月から賃貸のアパートメントサービス「OYO LIFE」を開始した。申し込みから契約まで最短で30分というオンラインならではのサービスを提供する。どのような狙いで新サービスを展開しているのか、同社最高経営責任者(CEO)の勝瀬博則氏にインタビューした。

内見なしなら完全オンライン化も可能

(写真:都築 雅人)
(写真:都築 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]

「来店不要、オンライン完結」「敷金・礼金なし」「家具・サービス付き」……。日本の消費者にとって、OYO LIFEはこれまでの賃貸住宅サービスとは別物に映ります。

 賃貸住宅のユーザーにとって、家探しから契約までのプロセスには様々な手間や不便、非効率さが存在しています。しかも契約や引き渡しだけでなく、入居後においてもそうです。それらを極力使いやすく便利にするためにはどうしたらいいか、ユーザー本位で考えていったらこうしたサービスが生まれました。私たちの目的は、「ホテルのように、賃貸住宅の利用を身軽にする」ことです。

1日から数日の滞在が基本のホテルと、長期居住が前提の賃貸住宅とでは、ユーザーの意識やこだわるポイントもずいぶん違うように思うのですが。

 手間をなるべくかけずに快適な空間を求めるという意味で、両者に大きな違いはありません。「便利なロケーション」に、「デザイン性の高い空間」を、できるだけ「低コスト」で手に入れたい、これは世界中のユーザーに共通する欲求です。OYOグループのミッションは世界中に「クオリティー・リビング・スペース」を提供することで、それが日本ではまず賃貸住宅だったということです。

「最短30分で入居手続き完了」というスピーディーさは、これまでの賃貸仲介ではあり得ないインパクトを放っています。

 自分たちで在庫(物件)を持ち、契約状況をリアルタイムで更新していますから、気に入った物件を申し込んでいただければすぐに手続きに入れるのです。申し込みから契約までオンラインかつワンストップで完結しますし、鍵もキーボックスやコンビニエンスストア経由で受け渡ししますから、来店の必要もありません。