全1593文字
PR
作品No. 008 企業名 イワミ村田製作所
作品名 腰まげーず2号
・台車に治具を積み込む作業を電源なしに自動化
・作業者は直立姿勢のまま作業できる

 イワミ村田製作所*1(島根県大田市)の「腰まげーず2号」は、板状の治具を台車に積み込む際に、作業者が腰を曲げずに済むからくりだ(図1)。従来、作業者はコンデンサーの製造工程で使う治具を手でつかんで持ち上げ、台車に積み重ねる作業を繰り返していた(図2)。治具を1枚積むごとに腰を落としては姿勢を正し、一定枚数を積み込み終わったら、台車の取っ手を押して次の工程へと運ぶ。こうした「腰曲げ作業」が1日当たり200回ほど発生しており、作業者の大きな負担になっていた。

*1 社名は取材当時。イワミ村田製作所は2020年4月1日付で出雲村田製作所が吸収合併し、同社イワミ工場となった。
図1 イワミ村田製作所が出展した治具の積み込み装置
図1 イワミ村田製作所が出展した治具の積み込み装置
板形状の治具を投入すると、自動で台車に積み重ねてくれる。作業者は腰を曲げて作業しなくて済む。(写真:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 板形状の治具
図2 板形状の治具
6枚の治具を積み重ねた様子。コンデンサーの製造に使う。(写真:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

 考案したからくりは、作業者が投入した治具を勝手に台車の上に積み重ねてくれる。従来のように腰を曲げる必要はなく、直立姿勢のまま作業ができる。