全2510文字
PR

 BoCoの「earsopen PEACE TW-1」は世界初の完全ワイヤレス骨伝導イヤホンだ。耳をふさがずに音が聞けるので、外出時に車や自転車の音に気付きやすいし、夏場に耳の中が蒸れることがない、鼓膜を使わないので聞き疲れしにくいなど、多くのメリットがある。ビデオ通話で使うヘッドセットとしても、周囲にいる家族の声が聞き取れるメリットがある。

BoCoの「earsopen PEACE TW-1」。白と黒の2色のカラーバリエーションがある。直販価格は1万9800円(税別)
BoCoの「earsopen PEACE TW-1」。白と黒の2色のカラーバリエーションがある。直販価格は1万9800円(税別)
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 BoCoは骨伝導技術を使った機器の製造販売を手掛ける企業で、骨伝導イヤホン「earsopen(イヤーズオープン)」シリーズを開発してきた。PEACE TW-1はその最新モデルで、完全ワイヤレスの骨伝導イヤホンだ。音楽鑑賞のほか、内蔵マイクを使った通話やビデオ会議にも使える。今回、自宅でのテレワーク用という観点も交え、実際に使って評価した。

 一般的なイヤホンやヘッドホンは空気を振動させて、それが鼓膜を通じて音として感じられる。骨伝導機器は、振動素子で起こした振動が骨に伝わり、それを音として感じ取る仕組みだ。鼓膜ではなく骨を通じて音を聞き取るため、周囲の音に左右されにくいのが特徴だ。

アームは柔軟性がある。先端に付いている黒い部分に振動素子が入っている
アームは柔軟性がある。先端に付いている黒い部分に振動素子が入っている
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 TW-1は筒からアームが伸びて、その先に振動素子が付いた形をしている。アームは柔軟性があり、ここを少し押し広げて、耳を前後から挟むようにして装着する。骨伝導イヤホンは、振動素子が体に触れる位置や押し付ける強さによって音の感じ方が大きく変わるので、初めのうちはよく聞こえる取り付け位置を探る必要がある。装着方法も含めて、使いこなしには若干慣れが必要だ。筆者は慣れてくると片手でも付け外しできるようになった。メガネやマスクをした状態でも問題なく使える。

 アーム部分を付け外しするたびに押し広げるので、この部分の耐久性が気になるところだ。実は使用中に誤って手を引っ掛けて、耳からもぎりとって叩き落としてしまったことが何度かあった。だがアーム部分を含めて本体が壊れることはなかった。乱暴に扱わない限り大丈夫そうだ。

アームを少し押し広げ、耳を前後から挟むようにして装着する。耳たぶを下に引っ張るようにすると装着しやすい
アームを少し押し広げ、耳を前後から挟むようにして装着する。耳たぶを下に引っ張るようにすると装着しやすい
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]
メガネやマスクをしていても問題なく使用できる。付け外しするときにマスクに引っ掛かることがあるので注意したい
メガネやマスクをしていても問題なく使用できる。付け外しするときにマスクに引っ掛かることがあるので注意したい
(写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]