全2312文字
PR

 パソコン、スマートフォン、タブレット、ワイヤレスイヤホン、スマートウオッチなどUSBで充電する機器が増えるにつれて、机や床の上が大量のACアダプターであふれて収拾がつかない、そういう人は多いだろう。出張や旅行のときに複数のACアダプターを持ち運ぶのが面倒という人もいるはずだ。ACコンセントに加えて充電用USBポートを備えた電源タップは、そうしたACアダプターの整理に役立つ。

アンカー・ジャパンの「Anker 727 Charging Station」。USB Type-C(USB-C)ポートとUSB Type-A(USB-A)ポート、ACコンセント差し込み口を2つずつ備えた電源タップ。USB-Cポートは最大100W出力に対応している
アンカー・ジャパンの「Anker 727 Charging Station」。USB Type-C(USB-C)ポートとUSB Type-A(USB-A)ポート、ACコンセント差し込み口を2つずつ備えた電源タップ。USB-Cポートは最大100W出力に対応している
(撮影:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 アンカー・ジャパンの「Anker 727 Charging Station」(以下、Anker 727)もそうした電源タップだ。薄型軽量ながらUSB Type-C(USB-C)ポートとUSB Type-A(USB-A)ポート、ACコンセントの差し込み口を2つずつ備え、合計6台の機器に同時に給電できる。またUSB PD3.0(Power Delivery3.0)に対応し、USB-Cポートは最大100W出力に対応している。消費電力が大きい大型ノートパソコンなどのACアダプターとして使ったり、複数の機器に同時に急速充電したりできる。アンカー・ジャパンのオンラインショップでの価格は1万2990円(税込み、以下同じ)だ。実際に多数の機器を接続して試してみた。

薄型で持ち運びやすく、薄いビジネスバッグにも入れやすい
薄型で持ち運びやすく、薄いビジネスバッグにも入れやすい
[画像のクリックで拡大表示]
6.1型ディスプレーを搭載するGoogle Pixel 6aと並べてみた。Pixel 6aより一回り大きい
6.1型ディスプレーを搭載するGoogle Pixel 6aと並べてみた。Pixel 6aより一回り大きい
[画像のクリックで拡大表示]

 Anker 727は電源タップとしては薄型だ。厚さは18mm、重さは400gある。電源ケーブルは付け外し可能で、長さは1.5mある。ケーブルはやや太めで束ねるとかさばるが、それを考慮しても持ち運びやすい電源タップと言える。薄いビジネスバッグに入れやすいし、出張や旅行のときの荷物を減らせる。机の上にACアダプターがたくさんある人なら、それらをこれ1台にまとめることですっきりと整理できる。なお、ACコンセントの差し込み口は、コンセントを差し込むとせり上がって奥行きを確保する。

電源ケーブルは付け外し可能。本体と接続するコネクターは平たい独特の形状だ
電源ケーブルは付け外し可能。本体と接続するコネクターは平たい独特の形状だ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
コンセントを差し込むと、差し込み口がせり上がってくる
コンセントを差し込むと、差し込み口がせり上がってくる
[画像のクリックで拡大表示]