全1962文字
PR

 DX=デジタルトランスフォーメーションの原初の定義は「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」(2004年、エリック・ストルターマン教授)である。

 ところが現在、特に日本のIT業界で使われているDXの意味は企業のIT投資寄りにシフトしている。それを平たく言えば「多くの企業は激しいビジネス環境の変化に遅れているから、もっとIT投資をして変革を実現し、競争力を持て」ということだろう。

 ストルターマン教授の哲学的で趣のある表現と比べると、だいぶ生臭い感じだが、実際に日本のIT活用は企業だけでなく国レベルでも遅れており、経済産業省がDXの旗振りを積極的に行っている事情もよくわかる。今まさに真剣にDXに取り組まないと、いつの間にか先進国から中進国に成り下がってしまう。ここ数年が正念場であると筆者も思う。

 しかし、どうもこのブーム下の「DX」という言葉は、これまでの「システム構築」となんら変わらない意味で使われていることも多いようだ。そこで筆者もDXの意味をブームの熱気に「丸投げ」することを自戒し、改めて考えてみた。そしてX=変革をするにはDだけでなく「A・B・C」に関してきちんと考えるべきだと感じた。「A・B・C」とは以下だ。

AX=アナログトランスフォーメーション
BX=ビジネストランスフォーメーション
CX=コーポレートトランスフォーメーション

 このAX、BX、CXは筆者の造語ではない。DXほどではないが、各所でそこそこ使用されている言葉である。

 DXの対になるのがAXであろう。アナログの変革である。まず、アナログと言えば古くからの経営資源である「ヒト・モノ・カネ」だ。優秀な人材を年齢やジェンダー、国籍や学歴にとらわれず抜てきする。不動産や設備を見直す。資金調達の手段をあれこれ考える。さらに組織改編や採用方針の見直しなど、IT活用以前に社長の決断や組織の知恵を持って行うべき変革はいくらでもある。これらAXをおざなりにして、ITだけ新しいものにしても変革など起きないだろう。

 BXとCXはDXやAXの上位に置くべき概念である。「X=変革することの目的は何か」といえば、それはB=ビジネスやC=コーポレート=会社の変革である。

 BXはビジネスの変革であり、それはビジネスモデルの転換や新規事業の創出などである。身近な例でいえば、それまで店頭販売だけの店がコロナ禍でそれが難しくなり、ECに切り替えるといったことだ。

 CXは会社の変革だから、概念としては最も上位であろう。会社の変革であるから、これまで内需中心の戦略を輸出中心に変革するようなBX的なものもあれば、ブラック気質の会社が経営者交代により、社員満足度を優先する会社に生まれ変わろうとする社風変革のCXもあるだろう。つまりBXとCXは変革の対象・目的であり、DXとAXはその変革を実現するための手段である。