全2679文字
PR

 KDDIは2022年7月29日、同月2日から約3日間にわたって影響が続いた通信障害の原因や再発防止策について発表した。そこで注目されたのが、影響を受けた利用者への補償だ。

KDDIは約款に基づく返金に加えて、「お詫び返金」も実施

 今回、KDDIが実施する補償は2種類ある。1つは「通信サービス契約約款」に基づく補償だ。約款では、KDDIの責任によって音声通話とデータ通信が全く使えない状態が24時間以上続いた場合、基本使用料などを日割りした金額を賠償すると明記している。もう1つの補償は約款と関係ない「お詫び返金」。通信障害の影響を受けた全ユーザーに一律200円(税別)を返金する。

 KDDIは約款に基づく補償と、全ユーザーを対象とするおわびの補償を実施すると発表した
KDDIは約款に基づく補償と、全ユーザーを対象とするおわびの補償を実施すると発表した
(出所:筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]
KDDIの「au(5G)通信サービス契約約款」より抜粋。4Gサービスの約款も同様の内容だ
KDDIの「au(5G)通信サービス契約約款」より抜粋。4Gサービスの約款も同様の内容だ
(出所:KDDI)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の通信障害で「約款返金」の対象となるのは271万人だ。通信障害の影響は2022年7月2日の午前1時35分から同月4日の午後3時まで61時間25分に及び、音声(VoLTE)サービスでは約2278万人、データ(4G/5G)サービスでは765万人以上に影響したという。

 影響の規模に比べると、補償の対象者が少なく思えるかもしれない。これは、データ通信は24時間以上続く障害にはなっていないことが関係する。結果として、約款上の補償対象が音声サービスのみを契約するユーザーに限られている。

 補償金額は契約内容によって異なるが、KDDIによると1日あたり平均52円。約款に基づけば2日分の補償となるので、1人当たり平均104円を返金することになる。

 もう1つのお詫び返金は、通信障害の期間中にスマートフォン、携帯電話、VoLTEを用いる固定電話サービスの「ホームプラス電話」を契約していた全ユーザーが対象となる。先述の通り一律200円を返金する。

基本料0円の「povo」ユーザーには1GBを付与

 約款返金、お詫び返金ともに、「au」だけでなく「UQ mobile」「povo」のユーザーも対象となる。対象者には2022年8月中旬以降にSMSで案内が届き、同年9月以降に返金する。

 なお、povo2.0は基本使用料が0円のため、返金の代わりに「データトッピング(1GB/3日間)」を進呈するという。通常の1GBのデータトッピングは7日間有効のもので390円(税込み)。povo2.0ユーザーへの補償は、かなり手厚いとも考えられる。

対象者にはSMSで案内が届く。入力を求める情報はないという。KDDIを装ったフィッシング詐欺のメッセージが届く可能性に配慮した
対象者にはSMSで案内が届く。入力を求める情報はないという。KDDIを装ったフィッシング詐欺のメッセージが届く可能性に配慮した
(出所:筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

MVNOユーザーは対象外、ただし各社は独自の補償を実施へ

 では、KDDIの補償は、au回線を使うMVNO(仮想移動体通信事業者)、いわゆる格安SIMのユーザーも対象になるのだろうか。残念ながら対象外だ。ただし、KDDIが補償内容を発表して以降、MVNO各社が相次いで独自の補償を実施すると発表した。