全5597文字
PR

 JR東日本が間もなく開業する高輪ゲートウェイ駅でQRコード改札の実験を行うことが話題となっている。「これまで同社が推進してきた交通系ICカードの『Suica』を置き換えるほどのものなのか」というのが、議論が大きく盛り上がった理由だと推察する。

 しかし筆者が周辺情報を取材する限りでは、「磁気情報が記録された“紙”の切符」をQRコードに置き換えることで、メカニカルな機構を内蔵して非常に高価な既存の改札機を置き換えたり、酸化鉄の塗布された磁気切符の処理コストを低減したりすることが狙いだという。

 つまり将来的に交通系ICカード+QRコード切符(あるいはモバイル端末などに表示させたQRコード)を改札機に読み取らせる仕組みに移行することが目的なわけで、Suicaの役割は依然変わりなく存在している。

現在新宿駅で実験中の新型改札。高輪ゲートウェイ駅では同じデザインで手前にQRコード読み取り部のついたものが設置される
現在新宿駅で実験中の新型改札。高輪ゲートウェイ駅では同じデザインで手前にQRコード読み取り部のついたものが設置される
(写真:鈴木 淳也、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 QRコード改札を全面採用していることで知られるのは、日本国内では沖縄の那覇周辺を走る「ゆいレール」、そして先日の記事でも紹介した中国の都市交通だ。ゆいレールの場合は1日券や区間乗車券の券売機で買った際にQRコードの印刷された紙を用いることになるが、中国の場合はモバイル端末向けのサービスとなる。

 モバイル決済サービスの「支付宝(Alipay)」や「微信支付(WeChat Pay)」のミニプログラムとして都市交通のQRコードを表示するプログラムを呼び出すと、移動区間分の運賃が自動的にそれぞれの決済サービスのアカウントから差し引かれる。切符の購入やICカードのチャージを考えずにスマートフォンを手にそのまま改札に入場できる点でメリットが大きい。

 ただ、ゆいレールも中国の都市交通もともに「交通系ICカード+QRコード」のハイブリッド型であり、あくまで利用者の選択肢を広げているにすぎない。

QRコード改札の裏に隠れた技術の進化

 こうしたトレンドの一方で、地域系交通の改札システムの技術はさらにその先に進化している。その1つが顔認証を用いた改札システムであり、日本国内では現在大阪メトロが域内の4つの駅にテスト用の改札を設置し、社員や関係者が日々実験を行っている。いわゆる切符やICカード、さらにはスマートフォンのようなデバイスも必要としない、文字通り「“完全”ハンズフリー」での乗車を可能とする。

 このほか、JR東日本ではスマートフォンを用いながらも「“タッチ”動作なしで端末をカバンやポケットに入れたまま改札を通過できる」という技術開発を進めていることを公表している。デバイスこそ用いるものの、やはりハンズフリーを実現するものだ。

大阪メトロで実験中の顔認証ゲート。その隣ではQRコード改札の実験も行われている
大阪メトロで実験中の顔認証ゲート。その隣ではQRコード改札の実験も行われている
[画像のクリックで拡大表示]

 これらに共通して重要なのは、ネットワークやクラウド技術の進化により実現可能となったサービスということだ。現在の磁気切符も交通系ICカードも改札での“ローカル”処理を前提とした仕組みとなっており、改札通過に必要な情報はすべて切符やICカードに記録されている。一方で、QRコードや顔認証などで用いられる仕組みは「ID方式」と呼ばれ、中央のシステムですべてのIDの移動情報が一括管理される。

 これにより、例えば区間切符として用意されたQRコードを複製しても、あらかじめ埋め込まれたID情報により重複利用を防止したり、あるいは一度顔情報を登録しておけば異なる駅をまたいで自在に改札を通過したりといったことが可能になる。

 今回はこうした事情を踏まえつつ、世界の交通と決済事情、そして最新トレンドに少し触れていきたい。