PR
全1100文字

 谷口吉生氏が設計を手掛けた博物館とホテルが、2019年の7月と9月にオープンした。「谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館」と「The Okura Tokyo」だ。それぞれの内部に、父・吉郎氏による建築空間を「再現」した。自身が過去に手掛けた建築の改修も相次ぐ中、「葛西臨海水族園」の解体問題に直面している。

金沢市で2019年7月に開業した「谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館」の2階、「游心亭(ゆうしんてい)」を再現した部分に立つ谷口吉生氏。敷地の近くを流れる犀川(さいがわ)に向かって水盤を置いた(写真:日経アーキテクチュア)
金沢市で2019年7月に開業した「谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館」の2階、「游心亭(ゆうしんてい)」を再現した部分に立つ谷口吉生氏。敷地の近くを流れる犀川(さいがわ)に向かって水盤を置いた(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 著名な建築空間をどう継承するか。2019年、谷口吉生氏は2つの「再現」の形を示して見せた。

 1つが、金沢市で7月に開館した「谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館」だ。一般の人々にも建築の魅力を伝えるため、住んでいた土地を谷口家が寄贈し、市が建設した。

金沢建築館の外観。通りに面してカフェを置き、街に開く建築とした(写真:吉田 誠)
金沢建築館の外観。通りに面してカフェを置き、街に開く建築とした(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]
金沢建築館の1階内観。総合案内の奥に、ミュージアムショップやカフェを置き、開口部を街に対して広くとっている(写真:吉田 誠)
金沢建築館の1階内観。総合案内の奥に、ミュージアムショップやカフェを置き、開口部を街に対して広くとっている(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 建物の2階には、谷口氏の父・吉郎氏(1904~79年)が設計した迎賓館和風別館「游心亭(ゆうしんてい)」(東京都港区、74年完成)の広間と茶室を原寸大で再現した。

 実物の游心亭を訪れるには予約が必要だが、建築館ではより多くの人々が身近に空間を体験できる。7月の記者発表会で谷口氏は、原寸大の理由を問われて、「父の建築はプロポーションが重要。それは図面だけでは分からない」と答えた。

迎賓館和風別館「游心亭」の茶室を再現した(写真:吉田 誠)
迎賓館和風別館「游心亭」の茶室を再現した(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い