全6052文字
PR

 2019年もそろそろ終わろうとしている。今年も、入手し満足して使っているデジタルグッズをベスト10形式で紹介する。数カ月使い続けている製品が大半だが、ピックアップしてみると自分でもかなり意外だった。あまり期待せずに買ったものの満足度が高かったグッズもあるし、逆に期待して買ったのにあまり使っていないグッズもある。実は第1位のグッズも、あまり期待せずに購入したのだった。

 早速、10位から見ていこう。

10位 :Anker PowerPort III mini~少し持ち歩くには最高

価格:2999円(税込み、直販価格)

 コンパクトで30Wの充電ができるUSB PD対応の充電器で、中国アンカー(Anker)の製品。スマホやタブレットへの急速充電が可能だ。PCは出力が足りないため低速充電になってしまうが、夜寝ている間につないでおけば朝には満充電になっている。

 使うかどうか分からない場合でも、場所を取らないのでかばんに放り込んでおけばよい。こうした「取りあえず持っておく」使い方には最適で、重宝している。プラグが折りたためるのもいいところだ。

この小ささ、軽さがうれしい
この小ささ、軽さがうれしい
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

9位 ThinkVision M14~ThinkPadとの相性もバッチリ

価格:3万3660円(税込み、直販価格)

 中国レノボ(Lenovo)の「ThinkVision M14」は、USB Type-Cケーブル1本で外付けできるモバイルモニター。14インチで570グラムと軽量で、持ち歩いても負担は少ない。少人数が相手のプレゼンテーションなら、自分はPC画面を見て相手にモニターで見せる使い方が便利だ。

 デザインやサイズはレノボの「ThinkPad X1 Carbon」に合わせてある。英語の製品情報ページによると、このディスプレーのUSB Type-CポートはDP(DisplayPort) 1.2 Alt Modeに対応している。よって他のノートPCでも、この仕様のディスプレー出力に対応するUSB Type-Cポートを搭載していれば利用できるはずだ。

外出先でマルチモニター環境を満喫できる
外出先でマルチモニター環境を満喫できる
[画像のクリックで拡大表示]

8位 Echo Show 5~新世代の目覚まし時計

価格:9980円(税込み、Amazon.co.jpでの価格)

 僕が現時点における目覚まし時計のベストバイと確信しているのが、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)の「Echo Show 5」だ。サイズが頃合い、かつ1万円を切る価格なので買いやすい。

 スマートスピーカーに分類されるデバイスだが、画面があるので常に時計が見られる。天気予報やニュースの表示も可能で、音声だけのスマートスピーカーより分かりやすい。

 アラームの設定は超簡単で、声だけでできる。暗い部屋でベッドに寝ていても設定できるし、設定した時間が表示されているのも安心だ。カップラーメンのタイマーとしても素晴らしい活躍を見せる。

Echo Show 5は最強の目覚まし時計だ
Echo Show 5は最強の目覚まし時計だ
[画像のクリックで拡大表示]