ハスラー
全面改良した「ハスラー」
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 スズキは2019年12月24日、SUV(多目的スポーツ車)タイプの軽自動車「ハスラー」を全面改良して2020年1月20日に発売すると発表した。6年ぶりの全面改良となる。

 今回の全面改良では、外観をSUVらしい力強いデザインにしたほか、広い室内空間を実現した。

 予防安全機能では、同社の先進運転支援システム(ADAS)「スズキセーフティサポート」を改良して搭載した。具体的には、主要機能である自動ブレーキを夜間の歩行者に対応させた。さらに、車線逸脱抑制や後退時の誤発進抑制(自動ブレーキ付き)などの機能を追加した。

 パワートレーンでは、簡易ハイブリッドシステムを全車に搭載した。新開発のエンジンやCVT(自動変速機)と組み合わせて、実用燃費を高めた。

 自然吸気(NA)エンジン搭載車と過給エンジン搭載車を用意。価格(消費税込み)はNAエンジン車が136万5100円から(ADAS非搭載車は128万400円)、過給エンジン車が145万9700円から。同社の湖西工場(静岡県湖西市)で生産し、月間6000台の販売を目指す。