全3302文字
PR

2019年9月25日、東武東上線にトラブルが次々と起こった。人身事故やシカの衝突といった出来事が同日に発生。そのうえ「運行管理システム」まで不具合を起こした。原因は排他制御のバグで、導入19年目に初めて顕在化したものだった。影響は約5万4000人、遅延は最大6時間14分に及んだ。

 「運転再開を見込んでおりません」。2019年9月25日、東武東上線成増駅の掲示板に出ていた文言がツイッターで大きな話題となった。

 この日、東武東上線はダイヤの大幅な乱れにより、沿線各駅の構内は電車に乗れなかった人々であふれかえっていた。普通は「運転の再開時刻は未定です」などと赤い字で書かれた案内が出るが、成増駅では冒頭のように風変わりな表現となってしまった。運転再開の見通しが立たないことによる混乱ぶりがうかがえる。

 東武東上線は同日、池袋-小川町駅間で運転を見合わせ、上下線で合計103本が運休。午後に最大で6時間14分の遅延が生じた。帰宅の時間帯と重なり、約5万4000人に影響が出た。人身事故から自動車の脱輪、シカの衝突まで様々なトラブルに見舞われた。

 通常であれば影響がここまで大きくなることはない。なぜなら「運行管理システム」でダイヤを調整することで遅延を取り戻せるような体制を敷いているからだ。

 だが、肝心の運行管理システムまでも不具合を起こした。これこそが甚大な影響をもたらした真因だ。

図 東武東上線の運行管理システムの構成
図 東武東上線の運行管理システムの構成
「頭脳」に当たる運行管理装置が動かなくなってしまった(東武鉄道の資料を基に日経コンピュータ作成)
[画像のクリックで拡大表示]

トラブル続き、「まるで厄日」

 「2001年に運行管理システムを導入して以降、これほど影響が大きかったシステムトラブルは初めてだ」。東武鉄道の菅野献太郎鉄道事業本部施設部信号保安課課長補佐はこう振り返る。東武鉄道で1日当たりの乗降客数が最も多い池袋駅を発着駅とする東武東上線は、首都圏への通勤・通学利用が多い。それだけに多くの人々を巻き込んだ。

 その日の東武東上線は、午前中は平常通り運行していたものの、午後からはトラブルの連続だった。まず午後1時15分ごろに上板橋駅で人身事故が発生。続いて午後3時27分ごろには北池袋駅で踏切の安全確認が生じた。踏切の非常ボタンが押されると、安全かどうかを確認するために電車を止めなければならない。午後5時51分ごろにはときわ台駅でも安全確認があり、ダイヤはさらに乱れた。

 運行管理システムの一部にトラブルが起こったのは午後6時40分ごろ。まさに帰宅ラッシュの時間帯だった。運行管理システムを手動操作に切り替えるなどして池袋-小川町駅間の運休から回復したのは午後9時25分だった。

 災難はこれだけではなかった。システム障害に対応していた最中の午後8時35分ごろには東松山-森林公園駅間の踏切で自動車が脱輪。運休から回復した後の午後10時22分ごろには小川町駅の1つ先である東武竹沢-男衾(おぶすま)駅間で電車がシカと衝突した。運休解消後も深夜までダイヤが大幅に乱れた。SNSには「まるで厄日」「呪われているようだ」といったコメントが多く書き込まれた。