全431文字
PR

【3月6日 CNS】中国の国家発展改革委員会は2日、国内の1日あたりのマスク生産量が1億枚を超えたと発表した。

広西チワン族自治区の工場でマスクを生産する労働者(2020年2月11日撮影)。(c)CNS/譚凱興
広西チワン族自治区の工場でマスクを生産する労働者(2020年2月11日撮影)。(c)CNS/譚凱興
[画像のクリックで拡大表示]
〔AFPBB News〕

 新型コロナウイルス対策で、マスクの生産能力と生産量は急速に増大し、2月29日に通常のマスク、医療用マスク、医療用N95マスクなどの1日の総生産量は1億1600万枚に達した。これは2月1日の12倍にあたる。このうち、微粒子も防ぎウイルスを通しにくい医療用N95マスクの1日生産量は166万枚に達した。

 「マスクを買うことが、以前ほど難しくなくなったと感じます」と話すのは、北京市民の黄玲さん。これまで多くのネットサイトでマスクを買おうと試みたが、ページを開くたびに「売り切れ」ばかりだった。しかしこの2、3日、「品物あり」と表示されるようになり、実際に2回連続で購入することができた。「20枚のマスクが手に入ったので、少なくとも1か月ぐらいはもちそうです」と話した。

(c)CNS-新京報/JCM/AFPBB News 【翻訳編集】 AFPBB News