全926文字
PR

【4月23日 CNS】中国自動車工業協会によると、中国で3月の自動車生産台数は前年同月比71.6ポイント増の246万2000台、新車販売台数は74.9ポイント増の252万6000台だった。前月比でもそれぞれ63.9ポイント増と73.6ポイント増と大幅に増えた。

 電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの新エネルギー車(NEV)の販売台数は2.4倍の22万6000台と大きく伸びた。中国自動車工業協会の許海東(Xu Haidong)副総工程師は「国内外の自動車メーカーの努力により、新エネルギー車の品質が改善され、消費者の需要を満たしている」と分析。新エネルギー車の年間販売台数180万台という目標は達成できるとみている。

北京のNIO自動センターで展示されている電気自動車
北京のNIO自動センターで展示されている電気自動車
(2021年3月29日撮影、資料写真)。(c)CNS/侯宇
[画像のクリックで拡大表示]

 新エネルギー車大手メーカーの比亜迪汽車(BYD)によると、1~3月に計5万5619台の新エネルギー車が生産され、前年同月比で149.2ポイント増加した。新興電気自動車メーカーの上海蔚来汽車(NIO)は3月に7257台の新車を出荷し、前年同月比373.4ポイント増加。1~3月の合計出荷数は前年同期比422.7ポイント増の約2万台に上った。

 統計によると、2021年3月時点で全国の新エネルギー車の保有台数は551万台に達し、このうち電気自動車が449万台で81.5%を占めている。今年第1四半期では、新エネルギー車の新規登録が全体の6.2%となった。