全643文字
PR

【4月6日 AFP】中国がここ1か月余りで諸外国に輸出したマスクの数が、累計40億枚近くに上っていると、関係者らが5日、明らかにした。ただ中国が輸出する医療物資の品質をめぐっては懸念が広がっており、同国はその払拭(ふっしょく)に努めている。

スロバキア・ブラチスラバの空港で、中国から輸送されたマスクや人工呼吸器、検査キット74トン分が入った箱を降ろす軍関係者ら(2020年3月25日撮影)。(c)AFP
スロバキア・ブラチスラバの空港で、中国から輸送されたマスクや人工呼吸器、検査キット74トン分が入った箱を降ろす軍関係者ら(2020年3月25日撮影)。(c)AFP
[画像のクリックで拡大表示]

 中国国内の新型コロナウイルス感染者数は減少する一方、世界では死者が増え続けており、一部では防護用品不足も発生している。中国政府は、工場に医療用品の増産を促している。

 税関関係者の話によると、先月1日以降、マスク38億6000万枚、防護服3750万着、人工呼吸器1万6000台、新型ウイルス用の検査キット284万セットが輸出された。輸出先は50か国を超え、医療用品の輸出総額は102億元(約1570億円)に上ったという。

スロバキア・ブラチスラバの空港で、中国から輸送されたマスクや検査キットを降ろす警察官(2020年3月19日撮影)。(c)JOE KLAMAR / AFP
スロバキア・ブラチスラバの空港で、中国から輸送されたマスクや検査キットを降ろす警察官(2020年3月19日撮影)。(c)JOE KLAMAR / AFP
[画像のクリックで拡大表示]
ギリシャ・アテネ国際空港で、中国から輸送されたマスク50万枚を降ろす空港職員ら(2020年3月21日撮影)。(c)ARIS MESSINIS / AFP
ギリシャ・アテネ国際空港で、中国から輸送されたマスク50万枚を降ろす空港職員ら(2020年3月21日撮影)。(c)ARIS MESSINIS / AFP
[画像のクリックで拡大表示]

 一方でオランダやフィリピン、クロアチア、トルコ、スペインなどの多数の国から、中国から輸入した医療製品が規格外品または欠陥品だったと苦情が上がっている。

 オランダ政府は先週、中国から輸入したマスク130万枚のうち、品質基準を満たしていなかった60万枚を回収。中国側は、メーカーは「(マスクは)外科手術用ではないとはっきりと伝えていた」と説明した。