全731文字

【7月22日 AFP】米司法省は21日、米国をはじめとする各国の企業数百社から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン研究関連の情報や知的財産を盗もうとしたとして、中国人2人を起訴したと明らかにした。米国のほか、日本を含む各国の企業数百社が標的になったとしている。

マスクと保護服を着用した研究所員。フランス北部バルドルイユで(2020年7月10日撮影、資料写真)。(c)JOEL SAGET / AFP
マスクと保護服を着用した研究所員。フランス北部バルドルイユで(2020年7月10日撮影、資料写真)。(c)JOEL SAGET / AFP
[画像のクリックで拡大表示]

 ジョン・デマーズ(John Demers)司法次官補(国家安全保障担当)によると、起訴されたのは李シャオ宇(Li Xiaoyu、34)と董家志(Dong Jiazhi、33)両被告。2人は米国、中国本土や香港の人権活動家らも標的としていたという。両被告は米国の法執行管轄権の及ばない中国にいるとみられている。

 デマーズ氏は記者会見で、両被告が「自らの個人的利益」のため、あるいは中国国家安全省の利益のために行動していたと説明した。

 デービッド・ボウディッチ(David Bowdich)FBI副長官は、「中国政府の情報機関の指示で行われたサイバー犯罪は、米国のみならず、フェアプレー、国際規範、法の支配を支持する他のすべての国に対する脅威となる」と指摘した。

 ウィリアム・ハイスロップ(William Hyslop)検察官は、両被告が世界各地の企業を標的としていたと説明。「米国をはじめとする世界各地の多数の事業や個人・団体のコンピューターシステムが不正に侵入され、機密性の高い価値ある企業秘密や技術、データおよび個人情報が大量に盗まれ、危険にさらされている」と述べた。

 司法省によると、標的となった企業には米国のほか、オーストラリア、ベルギー、ドイツ、日本、リトアニア、オランダ、スペイン、韓国、スウェーデン、英国の会社が含まれる。

マスクと保護服を着用した研究所員。フランス北部バルドルイユで(2020年7月10日撮影、資料写真)。(c)JOEL SAGET / AFP
マスクと保護服を着用した研究所員。フランス北部バルドルイユで(2020年7月10日撮影、資料写真)。(c)JOEL SAGET / AFP
[画像のクリックで拡大表示]

(c)AFP 【翻訳編集】 AFPBB News