全356文字
PR

【8月16日 AFP】インド洋の島国、モーリシャス沖で、1000トン超の燃料を流出させた貨物船「わかしお(MV Wakashio)」が真っ二つに分断されたと、船を運航する商船三井(Mitsui OSK Lines)が16日、発表した。

 商船三井は「8月15日に、船が二つに分断したことが確認されました」と発表。船を所有する長鋪汽船(Nagashiki Shipping)から報告を受けたと説明している。

モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
[画像のクリックで拡大表示]

 商船三井によると、割れたのは船尾側の貨物艙(そう)の亀裂が原因だという。

 当局はここ数日間、こうした事態の展開への準備を行っていた。15日に撮影された画像には、部分的につながっているだけとなった船の様子が捉えられており、割れるのは免れないことが示唆されていた。

モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
[画像のクリックで拡大表示]
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
[画像のクリックで拡大表示]
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
[画像のクリックで拡大表示]
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
[画像のクリックで拡大表示]
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
[画像のクリックで拡大表示]
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
[画像のクリックで拡大表示]
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
モーリシャスのブルーベイ海洋公園付近で座礁し、真っ二つになった貨物船わかしお(2020年8月16日撮影)。(c)AFP
[画像のクリックで拡大表示]

(c)AFP 【翻訳編集】 AFPBB News