全425文字
PR

【10月7日 AFP】スウェーデン王立科学アカデミー(Royal Swedish Academy of Sciences)は7日、2020年のノーベル化学賞(Nobel Prize in Chemistry)を、ゲノム編集技術研究における功績で、フランス人女性のエマニュエル・シャルパンティエ(Emmanuelle Charpentier)氏と、米国人女性のジェニファー・ダウドナ(Jennifer Doudna)氏に授与すると発表した。

2020年のノーベル化学賞受賞が決まった、フランス人女性のエマニュエル・シャルパンティエ氏(左)と、米国人女性のジェニファー・ダウドナ氏。スウェーデン・ストックホルムのスウェーデン王立科学アカデミーで(2020年10月7日撮影)。(c)Henrik MONTGOMERY / various sources / AFP
2020年のノーベル化学賞受賞が決まった、フランス人女性のエマニュエル・シャルパンティエ氏(左)と、米国人女性のジェニファー・ダウドナ氏。スウェーデン・ストックホルムのスウェーデン王立科学アカデミーで(2020年10月7日撮影)。(c)Henrik MONTGOMERY / various sources / AFP
[画像のクリックで拡大表示]

 同アカデミーは、両氏による「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)」と呼ばれる遺伝子の「はさみ」の開発を評価。

「これを用いることで、研究者らは動物や植物、微生物のDNAを極めて高精度で改変することができる」「この技術は生命科学分野に画期的な影響をもたらし、新たながん治療に貢献している。遺伝疾患を治すという夢を実現する可能性も秘めている」とたたえた。

2020年のノーベル化学賞受賞が決まった、フランス人女性のエマニュエル・シャルパンティエ氏(左)と、米国人女性のジェニファー・ダウドナ氏。スウェーデン・ストックホルムのスウェーデン王立科学アカデミーで(2020年10月7日撮影)。(c)Henrik MONTGOMERY / various sources / AFP
2020年のノーベル化学賞受賞が決まった、フランス人女性のエマニュエル・シャルパンティエ氏(左)と、米国人女性のジェニファー・ダウドナ氏。スウェーデン・ストックホルムのスウェーデン王立科学アカデミーで(2020年10月7日撮影)。(c)Henrik MONTGOMERY / various sources / AFP
[画像のクリックで拡大表示]

(c)AFP 【翻訳編集】 AFPBB News