全572文字
PR

【8月17日 AFP】米道路交通安全局(NHTSA)は16日、米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)の運転支援機能「オートパイロット(Autopilot)」に関係する交通事故11件を確認し、同機能についての予備調査を開始したと発表した。

テスラのロゴ。米首都ワシントンにある同社ショールームで(2018年8月8日撮影、資料写真)。
テスラのロゴ。米首都ワシントンにある同社ショールームで(2018年8月8日撮影、資料写真)。
(c)SAUL LOEB / AFP
[画像のクリックで拡大表示]

 NHTSAによると、事故11件は2018年以降に起きたもので、うち1件が死亡事故。7件で負傷者が出た。

 テスラ創業者のイーロン・マスク(Elon Musk)最高経営責任者(CEO)はオートパイロット機能を擁護。テスラは、同機能を使用するには運転席に人が座り「積極的な監視」を行う必要があると警告している。だが米議会などは、テスラ車のシステムをだまして運転席が無人でも同機能を使用することは容易だと指摘し、NHTSAに対処を求めていた。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(2020年3月9日撮影、資料写真)。
テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(2020年3月9日撮影、資料写真)。
(c)Brendan Smialowski / AFP
[画像のクリックで拡大表示]
テスラ車の衝突試験に使われたダミー人形(2017年2月28日撮影、資料写真)。
テスラ車の衝突試験に使われたダミー人形(2017年2月28日撮影、資料写真)。
(c)Anne LEBRETON / AFP
[画像のクリックで拡大表示]