全321文字
PR

【10月14日 AFP】(更新)台湾南部・高雄(Kaohsiung)市にある13階建ての雑居ビルで14日未明、火災が発生し、消防当局によると46人が死亡、41人が負傷した。過去数十年で、台湾で最多の死傷者を出した火災となった。

火災が発生した台湾・高雄市のビル(2021年10月14日撮影)。(c)Johnson Liu / AFP)
火災が発生した台湾・高雄市のビル(2021年10月14日撮影)。(c)Johnson Liu / AFP)
[画像のクリックで拡大表示]
火災が発生した台湾・高雄市のビル。同市消防当局提供(2021年10月14日撮影・公開)。(c)AFP PHOTO / KAOHSIUNG FIRE DEPARTMENT
火災が発生した台湾・高雄市のビル。同市消防当局提供(2021年10月14日撮影・公開)。(c)AFP PHOTO / KAOHSIUNG FIRE DEPARTMENT
[画像のクリックで拡大表示]
火災が発生した台湾・高雄市のビル。中央通信社(CNA)提供(2021年10月14日撮影・公開)。(c)AFP PHOTO / CNA PHOTO
火災が発生した台湾・高雄市のビル。中央通信社(CNA)提供(2021年10月14日撮影・公開)。(c)AFP PHOTO / CNA PHOTO
[画像のクリックで拡大表示]

 高雄市消防当局は、車両70台以上が出動して消火に当たり、火は4時間後に消し止められたと発表。遺体の大半は、住居が入っている7~11階で発見されたという。

 同市の警察関係者がAFPに明かしたところによると、ビルは築40年で、入居者の多くが低所得層。生存者の話では、約100人が住んでいたとみられている。当局は、放火の可能性も排除していないという。