全836文字
PR

【12月29日 AFP】デンマークを代表する童話作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen)をテーマにした新しい博物館が完成した。7年越しのプロジェクトを経て中部の町オーデンセ(Odense)にできたのは、来館者をおとぎ話の世界へといざなう博物館「H.C. アンデルセンの家(H.C. Andersen House)」だ。

デンマーク・オーデンセの「H.C. アンデルセンの家」(2021年6月28日撮影)。(c)Claus Fisker / Ritzau Scanpix / AFP
デンマーク・オーデンセの「H.C. アンデルセンの家」(2021年6月28日撮影)。(c)Claus Fisker / Ritzau Scanpix / AFP
[画像のクリックで拡大表示]
デンマークのオーデンセにあるハンス・クリスチャン・アンデルセンの生家(2012年2月1日撮影)。(c)Mads JENSEN / Ritzau Scanpix / AFP
デンマークのオーデンセにあるハンス・クリスチャン・アンデルセンの生家(2012年2月1日撮影)。(c)Mads JENSEN / Ritzau Scanpix / AFP
[画像のクリックで拡大表示]
デンマーク・オーデンセの「H.C. アンデルセンの家」で開館準備をするスタッフ(2021年6月28日撮影)。(c)Claus Fisker / Ritzau Scanpix / AFP
デンマーク・オーデンセの「H.C. アンデルセンの家」で開館準備をするスタッフ(2021年6月28日撮影)。(c)Claus Fisker / Ritzau Scanpix / AFP
[画像のクリックで拡大表示]

 既存の博物館は「多数の遺品や遺稿」を所蔵する「伝統的な伝記博物館」だったと、同館のマーケティングコーディネーター、ローネ・バイデマン(Lone Weidemann)氏は語る。だが来館者は求めていたのは「アンデルセンの描いたおとぎ話の世界だったのです」と続けた。

 新しく設計された博物館では、1800年代初頭にアンデルセンが子ども時代を過ごした質素な小屋を通り抜けると、そこにはアニメやインタラクティブ展示物、音楽など、アンデルセンの物語の世界があふれる地下空間が広がっている。

 新博物館を設計したのは日本人建築家の隈研吾(Kengo Kuma)氏。博物館は夏にオープンしたが、作業が完成したのは12月初めだった。