全471文字
PR

【8月5日 AFP】ニュージーランドの温泉地として知られるロトルア(Rotorua)で先月、道に突然穴が開き、観光客の女性が転落し、噴き出す高温の湯気で重度のやけどを負った。

ニュージーランド・ロトルアの間欠泉を見る人(1999年6月21日撮影、資料写真)。(c)GABRIEL BOUYS / AFP
ニュージーランド・ロトルアの間欠泉を見る人(1999年6月21日撮影、資料写真)。(c)GABRIEL BOUYS / AFP
[画像のクリックで拡大表示]

 事故は先月28日、ロトルアの観光名所「ファカレワレワ(Whakarewarewa)」の入り口近くで起こった。ファカレワレワは温泉湖や泥泉、間欠泉があるマオリ(Maori)の村で、多くの観光客が訪れる。

 オーストラリア・パース(Perth)から訪れていた女性によると、突然地面に穴が開き落ちた。女性はハミルトン(Hamilton)のワイカト病院(Waikato Hospital)に搬送された。現在、容体は安定しているという。

 女性は8月3日、「私を穴から引き上げ、救急車が到着するまでやけどに水を掛けてくれた」人たちに感謝の意を示した。氏名は公表しておらずプライバシーを尊重してほしいとしている。

 ロトルアは毎年300万人が訪れる人気の観光地。

 自治体は、陥没穴はすでに埋められており、事故の調査を開始したとしている。

(c)AFP 【翻訳編集】 AFPBB News