全878文字
PR

【9月25日 AFP】カナダ東部に24日、強い勢力の温帯低気圧が上陸し、家屋が海に流されるなど大きな被害が出た。ジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相は被災地を訪問するとして、安倍晋三(Shinzo Abe)元首相の国葬出席のための訪日を取りやめると発表した。

 最も深刻な被害を受けたニューファンドランド(Newfoundland)島では、警察によると「これまで経験したことのないような」激しい暴風雨となり、女性2人が海に流された。1人は救助されたが、残る1人の行方が分からなくなっている。

カナダ東部ニューファンドランド・ラブラドル州のバーントアイランズで、強い勢力の温帯低気圧がもたらした被害状況(2022年9月24日撮影、提供)。(c)AFP PHOTO / Michael King
カナダ東部ニューファンドランド・ラブラドル州のバーントアイランズで、強い勢力の温帯低気圧がもたらした被害状況(2022年9月24日撮影、提供)。(c)AFP PHOTO / Michael King
[画像のクリックで拡大表示]
カナダ東部ニューファンドランド・ラブラドル州のバーントアイランズで、強い勢力の温帯低気圧がもたらした被害状況(2022年9月24日撮影、提供)。(c)AFP PHOTO / Michael King
カナダ東部ニューファンドランド・ラブラドル州のバーントアイランズで、強い勢力の温帯低気圧がもたらした被害状況(2022年9月24日撮影、提供)。(c)AFP PHOTO / Michael King
[画像のクリックで拡大表示]
カナダ東部ニューファンドランド・ラブラドル州のバーントアイランズで、強い勢力の温帯低気圧がもたらした被害状況(2022年9月24日撮影、提供)。(c)AFP PHOTO / Michael King
カナダ東部ニューファンドランド・ラブラドル州のバーントアイランズで、強い勢力の温帯低気圧がもたらした被害状況(2022年9月24日撮影、提供)。(c)AFP PHOTO / Michael King
[画像のクリックで拡大表示]

 同島南西端のチャンネルポルトーバスク(Channel-Port aux Basques)の市長は、フェイスブック(Facebook)に投稿した動画で、少なくとも20棟の家屋が倒壊し、「至る所が破壊され」「まるで戦場」だと被害状況を説明した。

 ニューファンドランド・ラブラドル(Newfoundland and Labrador)州では、24日夜の時点で約50万世帯が停電しており、倒木や家屋の被害も相次いでいる。