全404文字
PR

【12月5日 AFP】インドネシア・ジャワ(Java)島の最高峰スメル山(Mount Semeru)が4日、噴火し、2000人近くが避難した。スメル山では昨年12月にも大規模噴火が発生し、数十人が死亡している。

インドネシア・ルマジャンで、噴煙が立ち上るスメル山と村人(2022年12月5日撮影)。(c)JUNI KRISWANTO / AFP
インドネシア・ルマジャンで、噴煙が立ち上るスメル山と村人(2022年12月5日撮影)。(c)JUNI KRISWANTO / AFP
[画像のクリックで拡大表示]

 スメル山は、首都ジャカルタの約800キロ南東に位置する。火山地質災害センター(PVMBG)は噴火を受け、警戒レベルを最高に引き上げた。

インドネシア・ルマジャンで、噴煙が立ち上るスメル山とバイクで走る人(2022年12月5日撮影)。(c)JUNI KRISWANTO / AFP
インドネシア・ルマジャンで、噴煙が立ち上るスメル山とバイクで走る人(2022年12月5日撮影)。(c)JUNI KRISWANTO / AFP
[画像のクリックで拡大表示]
インドネシア・ルマジャンで、噴煙が立ち上るスメル山と村人(2022年12月5日撮影)。(c)JUNI KRISWANTO / AFP
インドネシア・ルマジャンで、噴煙が立ち上るスメル山と村人(2022年12月5日撮影)。(c)JUNI KRISWANTO / AFP
[画像のクリックで拡大表示]