全1296文字
PR
電機自動車を充電する広州省の市民(2021年5月13日撮影、資料写真)。
電機自動車を充電する広州省の市民(2021年5月13日撮影、資料写真)。
(c)CNS/陳楚紅
[画像のクリックで拡大表示]

【5月16日 東方新報】中国で普及が進む電気自動車(EV)などの新エネルギー車(NEV)。それと同時に充電場所の不足や走行中の電池切れへの不安も課題となっており、ワイヤレス充電の開発を求める声が高まっている。

 中国自動車工業協会によると、2021年に中国で販売された新車のNEVは前年の2.6倍の352万1000台。新車全体(2627万5000台)の13.4%を占める。中国メーカーを中心に新型EVの投入が増え、NEVシフトを促進する政府の補助金もあり、NEVを選ぶ消費者が増えている。同協会は2022年のNEV販売台数を500万台と見込む。NEVだけで日本国内全体の新車販売台数(2021年は444万台)を超える勢いだ。

 一方、NEVの走行を支える充電スタンド。2021年末で全国に261万台あるが、使用されていない「ゾンビスタンド」が各地で問題になっている。政府の補助金目当てに住宅街から離れた場所に設置したものの、利用者が少なく維持されなくなったスタンドが少なくない。都市部でも充電スタンドの場所に偏りがあり、「スタンドで順番待ちの運転手が横入りされないよう、充電ケーブルのコネクターをずっと握り締めている」という光景も見られる。高速道路の走行では電池切れへの不安があり、「渋滞で車が動かない場合、エアコンを消して道路に座る」という話も多い。

 そこで開発が待たれるのがワイヤレス充電。地面に敷設した送電コイルから自動車下部の受電コイルへケーブルやプラグを使わずに電力を供給する仕組みだ。既存の駐車スペースを活用できる上、ドライバーは車から降りて重いケーブルを持って充電する手間もなくなる。中国政府は「新エネルギー車産業の発展計画(2021~2035年)」の中で、「高出力充電・ワイヤレス充電などの新技術の開発を強める」と明記している。