全3624文字
PR

 「この場合どうすれば早く止血できる?」――。若手の執刀医が相談するのはAIを搭載した手術支援ロボットだ。手術支援ロボットがカメラに映った体内の状態を認識し、「この血管の配置であればこのパターンが良さそうです」と応答する。別の場面では「この角度で器具を動かすと次の操作で出血しやすいです。慎重に作業してください」と執刀医にアラートを出す。今後手術支援ロボットは手術の手技をサポートするだけではなく、執刀医の判断をアシストする役割も果たしていく。

手術支援ロボットの未来
手術支援ロボットの未来
手術支援ロボットの普及が進むと、手術の安全性と精密さが向上する。将来的には高度な手術を支援するロボットの実用化が進む。AIを搭載した手術支援ロボットが執刀医の判断をアシストすることが期待される。
[画像のクリックで拡大表示]

 これは手術支援ロボットを利用する医師が考える将来の手術の様子だ。「AIはこれまでの手術映像や論文、文献を大量に学習できる。人間では読み込む分量に限度がある。これまで手術の手技は医師の感覚で表現されてきたが、データが集まれば定量的に示せる」とある医師は期待する。現在は既存の手術をサポートするロボットが実用化された段階だが、将来は人の手では難しい手術をサポートするロボットや人の判断を手助けしたりするロボットが開発される可能性がある。

手術支援ロボットを使った手術の様子
手術支援ロボットを使った手術の様子
(出所:藤田医科大学)

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料