全1743文字
PR

 「PoE(Power over Ethernet)」はLANケーブルを使ってネットワーク機器に電力を供給する技術。LANケーブルだけでデータ通信と給電が可能で、ACアダプターや電源ケーブルが要らなくなる。無線LANアクセスポイントの高速化や4K対応ネットワークカメラの高精細化などに対応した新規格「IEEE 802.3bt」も登場した。PoEの仕組みや企業での導入・運用のポイントなどを徹底解説する。

 高い場所に無線LANアクセスポイントを設置したいが、電源ケーブルを引くのはコストがかかる──。こんなときに活躍するのが「PoE」だ。

 PoEは「Power over Ethernet」の略で、イーサネット上で電力を供給することを意味する。LANケーブルを使って、データ信号とともに電力を送る仕組みだ。LANケーブルが1本あればよく、ACアダプターや電源ケーブルが要らなくなる。無線LANアクセスポイントの設置コストを大幅に下げ、無線LANの普及に大いに貢献してきた。

LANケーブルで通信と電力供給の両方をこなすPoE
LANケーブルで通信と電力供給の両方をこなすPoE
[画像のクリックで拡大表示]

 まずはPoEの構成要素を確認しよう。PoEで電力を供給する側の機器は「PSE」、電力を受け取る側の機器は「PD」と呼ばれる。ここではそれぞれ給電機器、受電機器と呼ぶことにする。

 給電機器は主にLANスイッチだ。PoE対応LANスイッチは「PoEスイッチ」などと呼ばれている。通常のLANスイッチと同様に、PoEスイッチはLANケーブルを使ってPoE対応のネットワーク機器と接続する。

 PoEスイッチ自体の電力は、一般的なLANスイッチと同様に交流(AC)電源から取る。その電力を直流(DC)に変換し、LANケーブルで配下のネットワーク機器に届ける。

様々な用途で使われる

 PoEに対応したネットワーク機器にはどのような種類があるのか、具体例を見ていこう。

 前述のように、給電機器としてLANスイッチがある。ポート数が10個以下の小型製品から、数十個の大型製品まである。

PoEに対応したネットワーク機器の例
PoEに対応したネットワーク機器の例
[画像のクリックで拡大表示]

 受電機器のほうはバラエティーに富んでおり、様々な種類がある。先にも触れたが、最もよく使われているのが無線LANアクセスポイントだ。PoEの規格が登場した初期には、IP電話機の接続によく使われた。最近は特に増えている監視用のネットワークカメラにもPoEが使われる。

 ネットワーク警告灯にもPoE対応製品がある。珍しい用途としては、音楽用のパワーアンプにも使われている。また欧米では、ビル内にある多数の照明にPoEで給電することも多い。